こだわった非対称マスク、デュアルチップLEDで実現…ホンダ CRF250ラリー開発責任者

モーターサイクル 新型車

ホンダCRF250ラリー
  • ホンダCRF250ラリー
  • ホンダCRF250ラリー
  • ホンダCRF250ラリー
  • ホンダCRF250ラリー
  • ホンダCRF250ラリー
  • ホンダCRF250ラリー
  • ホンダCRF250ラリー
  • ホンダCRF250ラリー
ホンダ『CRF250ラリー』の開発責任者・杉山栄治氏(本田技術研究所 二輪R&Dセンター)は、プレス向け試乗会でこだわりのポイントをこうアピールした。

「開発キーワードは『ザ・ダカールレプリカ 週末の冒険者へ!』です。ラリーレーサーCRF450ラリーを彷彿とさせるフォルムとクラスを超えた存在感があります」

「CRF450ラリーと同等のカウリング構成による優れたウインドプロテクション、またそれらが醸し出す快適な長距離巡航性能の実現を目指しました」

「そのなかでも特にチームがこだわったのは、コンセプトモデルのスタイルをスポイルすることなくそのまま量産に結びつけることです。モーターサイクルショーの当日におこなった調査でも“あのままのカタチで出して欲しい”というコメントが多く聞かれました」

「ショーモデルと量産のモデルでは、似て非なるものと言われることがよくあります。今回、開発チームは特にクラスの枠を超えた車格と、ラリーレーサーを彷彿とさせるスタイリングの再現に妥協なく尽力いたしました」

「もっとも苦労した部分はフロントカウルまわりです。スタイリングイメージを決定する特徴的な非対称小径二眼ヘッドライトを、法規をクリアしながらいかに成立させるか、非常に高いハードルでありましたが、新たにデュアルチップLEDを採用することで実現させることができました」

「単にレーサーのスタイルを再現しただけではなく、その開発で培ったノウハウをフィードバックしています。大型のスクリーンとともにボディ外装を最適に設計し、優れたウインドプロテクションを確保しています。ライダーの快適性を高めました。シュラウドやナックルガードにスリットを設定し、250ccトレール車の軽快な操縦性に配慮しています」
《青木タカオ》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品