都内バイク違法駐車の累計摘発件数、10年でほぼ登録台数と一致...バイク組合が拡充求める

モーターサイクル 企業動向

公明党政策懇談会でオートバイ関係者を前にした北側一雄オートバイ議員懇話会会長
  • 公明党政策懇談会でオートバイ関係者を前にした北側一雄オートバイ議員懇話会会長
東京オートバイ協同組合が、公明党の東京都議らの政策懇談会に初めて参加。駐車場不足の現状を切実に訴えた。

同組合の野間健児理事長(ハーレーダビッドソン亀戸社長)は都議会内で開催された同会で「二輪車保有台数に対して、駐車場が絶対的に不足している」と、切り出した。

06年の道路交通法改正で創設された駐車監視員制度でオートバイの違法駐車は、主な幹線道路から一掃された。自治体の多くは違法駐車がなくなったことで、駐車場整備の必要性は薄らいだという考え方で落ち着いている。

しかし、その一方で都内の二輪車摘発(確認標章取付台数)は増え続け、16年6月までの10年間で、累計94万1000件が行政制裁金の支払い対象となった。都内の二輪車保有台数は106万台。駐車スペースのない二輪車を見放すユーザーが増加し、二輪関係者の間では業界を貶める“官製不況”という批判も根強い。

それでも駐車スペースを増やす抜本的な条例改正などは実施されず、四輪車駐車場への受入も進まない。東京都公安委員会が設置する道路上のパーキング・メーターやパーキング・チケットは、原則四輪車用に設置されている。二輪車用は表参道(港区北青山3丁目)、銀座8丁目(中央区銀座8丁目)、上野入谷口(台東区上野7丁目)の3か所に全部で15台分しかない有様だ。

「特に東京国際フォーラムなど東京都が関係する建物、東京都公安委員会が設置を認めるパーキング・チケットでの増設をお願いしたい」と、野間氏は訴えた。

出席したのは、中島義男団長(北多摩3区)、高倉良生議員(中野区)、伊藤こういち議員(品川区)。国政から公明党オートバイ議員懇話会会長の北側一雄副代表、公明党東京都本部長の高木陽介代議士も参加した。中島団長は「課題は駐車場問題だけではないと思う。今後とも要望をお伝えいただきたい」と、応じた。

二輪車駐車場の拡充要望は、同組合の上部団体である全国オートバイ協同組合連合会でも、国会議員や省庁を通じて毎年のように行っている。しかし、駐車場整備の施策に携わるのは都道府県や市町村のため、今回初めて要望が実現した。
《中島みなみ》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品