【デトロイトモーターショー2017】日産 Vmotion 2.0、次世代セダンのデザイン提示

自動車 ニューモデル モーターショー

日産 Vmotion 2.0(デトロイトモーターショー2017)
  • 日産 Vmotion 2.0(デトロイトモーターショー2017)
  • 日産 Vmotion 2.0(デトロイトモーターショー2017)
  • 日産Vmotion 2.0
  • 日産 Vmotion 2.0
  • 日産Vmotion 2.0
  • 日産Vmotion 2.0
  • 日産Vmotion 2.0
  • 日産Vmotion 2.0
日産自動車が1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017で初公開したコンセプトカー、『Vmotion 2.0』。同車は、次世代の日産セダンのデザインを提示している。

Vmotion 2.0のデザインは、中型クロスオーバーの『ムラーノ』や大型4ドアセダンの『マキシマ』など、多くの日産車が採用しているフロントデザインシグネチャー、「Vモーション」を基本に、ボリューム感と立体感を与えることで進化させたもの。また、Vモーショングリルを起点に、フロントのデザインはシャープでありながらも表情豊かな面を構成。それに呼応して、サイドのデザインは、ボディ全体に延びる鮮明なキャラクターラインを持たせた。

全体のシルエットは、鋭く傾斜したAピラーからトランクまでの滑らかに流れるようなラインを持つフローティングルーフが特徴。細いシルバースレッドを施した独自のカーボンフィニッシャーが、ルーフラインにアクセントを付加する。さらに、日産デザインの新しい形状表現、「エモーショナルジオメトリー」を採用することで、独特な外観を作り上げた。

リアは、高級感と力強さを強調したデザイン。ブーメラン型テールランプが、ワイド感を強調する。ダイナミックかつ高い剛性を持つボディは、カッパーを基調色とする暖かみのあるシルバーペイントが施されており、角度によって微かに異なる色合いを放つように仕上げられている。

日産自動車の中村史郎 専務務執行役員兼チーフクリエイティブオフィサーは、「カッパーは、ファッション、プロダクトデザイン、インテリアデザインなど、多くの業界で取り入れられているトレンド色。サテンシルバーやクロームなど他の素材と組み合わせながら、この色をアクセントとして取り入れたいと考えた」と、その狙いを明らかにしている。
《森脇稔》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品