カローラ 次期型にBMWエンジン搭載の可能性 | レスポンス(Response.jp)

カローラ 次期型にBMWエンジン搭載の可能性

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ カローラスクープ写真
  • トヨタ カローラスクープ写真
  • トヨタ カローラスクープ写真
  • トヨタ カローラスクープ写真
  • トヨタ カローラスクープ写真
  • トヨタ カローラスクープ写真
  • トヨタ カローラスクープ写真
トヨタが世界に誇る、ベストセラー4ドアセダン、「カローラ」次期型の初期プロトタイプの姿をSpyder7のカメラが初めて捉えた。

「カローラ」は、1966年から50年間もの間発売されており、現在では世界中で展開されているグローバルモデルとなっているが、次期型では大きな転換期となりそうだ。

次期型では、プラットフォームに、新型プリウスと同じ「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用し、最新のキーンルックデザインとなる。

パワートレインには、ブラッシュアップされる1.5リットル直列4気筒、1.2リットルダウンサイジングターボ及びハイブリッドがラインナップされる可能性が高い。

そしてハイライトは、BMW製パワーユニット搭載の可能性だ。トヨタはカローラ購買層の若返りを図ると思われ、スポーツ力アップを狙い、次期スープラ同様にBMW製エンジンの期待がかかる。

ワールドプレミアは2018年の予想だ。

トヨタ カムリ次期型のクーペスタイルも気になる!

トヨタ カローラ次期型、BMW製エンジン搭載の可能性!

《Spyder7 編集部》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品