GMのポリスカー カプリス、米国でリコール…パワーステアリングに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

シボレー カプリス PPV
  • シボレー カプリス PPV
  • シボレー カプリス PPV
  • シボレー カプリスPPV
米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドが警察用に開発したポリスカー、『カプリス』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「GMから、シボレー カプリスに関するリコールの届け出を受けた」と発表している。

今回のリコールは、パワーステアリングの不具合が原因。NHTSAによると、カプリスの電動パワーステアリングの制御システムが腐食によって不具合を起こし、パワーアシストが突然失われる恐れがあるという。

コールの対象となるのは、2014-2016年モデルのカプリス。米国で販売された6280台がリコールに該当する。

GMは、対象車を保有する警察に連絡。販売店で、ステアリングギア一式を交換するリコール作業を行う予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

    テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  2. 米EVテスラ、太陽光発電企業の買収に強い意欲

    米EVテスラ、太陽光発電企業の買収に強い意欲

  3. 長安マツダ中国販売19%増、CX-5 と アクセラ 好調 上半期

    長安マツダ中国販売19%増、CX-5 と アクセラ 好調 上半期

  4. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  5. 自動車事故防止モニタリングサービス、損保ジャパン日本興亜など提供開始

  6. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  7. メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

  8. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  9. ガリバー、社名を「IDOM(いどむ)」に変更…ブランド名「ガリバー」は継続

  10. 【川崎大輔の流通大陸】ミャンマーでプライスリーダーを目指す日系自動車メディア

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら