人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

豊田自動織機、フォークリフト向けテレマティクスサービスを導入

自動車 ビジネス 国内マーケット

豊田自動織機は、フォークリフト向けテレマティクスサービス「TOYOTA T_Site」を、全国40社のトヨタL&F取扱店を通じて販売開始した。

「TOYOTA T_Site」は、フォークリフトに搭載した各種センサーを使って稼働データを収集し、通信システムを利用して、顧客に走行時間や稼働率など、様々な情報を提供するサービス。データを見える化し、物流現場の安全管理や生産性向上、コスト低減につながる改善活動に活用する。

フォークリフトを使用する職場では、人材不足の深刻化や労働環境の改善要求の高まりなど、取り巻く環境が変化しており、生産性向上、コスト削減、安全管理などの改善ニーズが高まっている。これらニーズに対応するため、テレマティクスサービスを提供する。

サービスの導入によって顧客は、車両やオペレーター毎の走行・荷役時間や稼働率、バッテリーの使用状況などの情報がパソコンやタブレット端末で閲覧できる。これまで培ってきた異常の見える化、ムダの見える化など物流現場の管理ノウハウをもとに分析・活用することで、車両の効率的な利用やオペレーターの最適配置が容易となり、物流コスト低減、現場作業環境の改善に貢献する。

また、車両への衝撃回数やレベルを検知し通知する機能を備えており、フォークリフト作業の安全管理をサポートする。

「TOYOTA T_Site」は、昨年10月に発売したコンパクト電動フォークリフト新型『ジェネオエコア』にオプション設定する。今後、搭載可能な車種を順次拡大していく計画。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  3. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  4. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  7. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  8. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  9. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  10. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

アクセスランキングをもっと見る