豊田自動織機、フォークリフト向けテレマティクスサービスを導入

自動車 ビジネス 国内マーケット

豊田自動織機は、フォークリフト向けテレマティクスサービス「TOYOTA T_Site」を、全国40社のトヨタL&F取扱店を通じて販売開始した。

「TOYOTA T_Site」は、フォークリフトに搭載した各種センサーを使って稼働データを収集し、通信システムを利用して、顧客に走行時間や稼働率など、様々な情報を提供するサービス。データを見える化し、物流現場の安全管理や生産性向上、コスト低減につながる改善活動に活用する。

フォークリフトを使用する職場では、人材不足の深刻化や労働環境の改善要求の高まりなど、取り巻く環境が変化しており、生産性向上、コスト削減、安全管理などの改善ニーズが高まっている。これらニーズに対応するため、テレマティクスサービスを提供する。

サービスの導入によって顧客は、車両やオペレーター毎の走行・荷役時間や稼働率、バッテリーの使用状況などの情報がパソコンやタブレット端末で閲覧できる。これまで培ってきた異常の見える化、ムダの見える化など物流現場の管理ノウハウをもとに分析・活用することで、車両の効率的な利用やオペレーターの最適配置が容易となり、物流コスト低減、現場作業環境の改善に貢献する。

また、車両への衝撃回数やレベルを検知し通知する機能を備えており、フォークリフト作業の安全管理をサポートする。

「TOYOTA T_Site」は、昨年10月に発売したコンパクト電動フォークリフト新型『ジェネオエコア』にオプション設定する。今後、搭載可能な車種を順次拡大していく計画。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  2. スズキ、鈴木会長らが燃費データ問題で記者会見…国交省に詳細報告

    スズキ、鈴木会長らが燃費データ問題で記者会見…国交省に詳細報告

  3. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

    燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  4. 「ミシュランガイド富山・石川2016特別版」発売前にウェブで先行公開

  5. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  6. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  7. メルセデスベンツ / スマート 、国内販売価格を約2%値上げ…6月1日より

  8. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  9. 【インタビュー】日本に拠点も、長城汽車デザインのこれから…デザインディレクター 中島敬氏

  10. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

アクセスランキングをもっと見る