エアバス、スタイリッシュな新客室「エアスペース」公開…A330neoから導入

航空 企業動向

エアスペース・バイ・エアバス
  • エアスペース・バイ・エアバス
  • A330-800neo
エアバスは、新しい客室ブランドとなる「エアスペース・バイ・エアバス」を発表した。

新しい客室ブランドは「乗客にとって快適な客室環境を創り出すとともに、航空会社による機能的な運用を実現させること」をコンセプトに開発した。

同社では、柔軟性の高い客室設計を提供し、航空会社のブランド力の向上を図るとして、まずA330neo向け客室で実現する。

エアスペース・バイ・エアバスは、機能的な最新設計の採用で寛げる高品質な客室環境を提供することを目指す。頭上の手荷物棚スペースは広くなり、化粧室はスタイリッシュでゆとりの空間を備える。座席や通路の幅も広くなり、足元も障害物のないゆとりあるスペースを確保する。

また、最新LED技術を採用した照明や、クリーンで滑らかなラインの壁面、カスタマイズ可能なウェルカムエリアなどの特徴を持つ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

    ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  2. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

    リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  3. ボーイング、営業赤字に転落…787型機開発費など 4-6月期決算

    ボーイング、営業赤字に転落…787型機開発費など 4-6月期決算

  4. ANA、50機目となるボーイング787型機を受領へ

  5. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

  6. 2017年ANAカレンダーの予約受付、「塗り絵カレンダー」が登場

  7. IHI、航空機エンジン部品を製造する新工場が竣工…エアバスA320neo向け

  8. 職業体験施設キッザニアの飛行機パビリオンをリニューアル…ANA

  9. JAL、機内インターネット無料を延長 2017年3月末まで

  10. ピーチ、乗客からの問い合わせに人工知能が対応

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら