エアバス、スタイリッシュな新客室「エアスペース」公開…A330neoから導入

航空 企業動向

エアスペース・バイ・エアバス
  • エアスペース・バイ・エアバス
  • A330-800neo
エアバスは、新しい客室ブランドとなる「エアスペース・バイ・エアバス」を発表した。

新しい客室ブランドは「乗客にとって快適な客室環境を創り出すとともに、航空会社による機能的な運用を実現させること」をコンセプトに開発した。

同社では、柔軟性の高い客室設計を提供し、航空会社のブランド力の向上を図るとして、まずA330neo向け客室で実現する。

エアスペース・バイ・エアバスは、機能的な最新設計の採用で寛げる高品質な客室環境を提供することを目指す。頭上の手荷物棚スペースは広くなり、化粧室はスタイリッシュでゆとりの空間を備える。座席や通路の幅も広くなり、足元も障害物のないゆとりあるスペースを確保する。

また、最新LED技術を採用した照明や、クリーンで滑らかなラインの壁面、カスタマイズ可能なウェルカムエリアなどの特徴を持つ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 福岡空港運営の民間委託に向けて意見募集

    福岡空港運営の民間委託に向けて意見募集

  2. ANA「スカイメイト」を「スマートU25」にリニューアル…年齢制限を緩和、予約も可能に

    ANA「スカイメイト」を「スマートU25」にリニューアル…年齢制限を緩和、予約も可能に

  3. トルコのLCCペガサス・エアラインズ、A320neoを受領…LEAP-1Aエンジン搭載

    トルコのLCCペガサス・エアラインズ、A320neoを受領…LEAP-1Aエンジン搭載

  4. 国土交通省が「ドローンポート」を整備へ…荷物配送

  5. 浚渫兼油回収船「清龍丸」を一般公開 7月23-24日

  6. ANA、九州復興プロジェクト第2弾…東京=熊本線が9700円から

  7. シンガポール航空、デュッセルドルフ線を開設…新機材A350-900で運航

  8. 三菱航空機 MRJ、試験飛行領域を設計スペックまで拡大…マッハ0.78

  9. AT&Tとユーピーアール、管理機能付き国際間貨物追跡システムで輸送支援

  10. 高松空港の運営を2018年4月から民間委託へ…小規模ローカル空港で初

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら