JAL、羽田空港での国内線保安検査場の待ち時間をモニターで案内

航空 企業動向

東京モノレール改札口設置場所・モニター画面イメージ
  • 東京モノレール改札口設置場所・モニター画面イメージ
  • 京浜急行改札口設置場所・モニター画面イメージ
  • スマートフォンアプリをバージョンアップし「お客さまの搭乗口」の表示を追加
日本航空(JAL)は、羽田空港国内線保安検査場での待ち時間を案内するサービスを拡充する。

現在、スマートフォンのアプリで国内線保安検査場での待ち時間を案内するサービスを実施している。今回、これまでの案内サービスに加えて、東京モノレール、京浜急行の駅から出発階への動線上に大型モニターを設置、保安検査場の待ち時間をお知らせするサービスを開始する。

羽田空港国内線第1旅客ターミナルで、JALグループ便搭乗客が利用する4カ所の保安検査場の混雑状況を数値化し、出発当日に羽田空港ビル内の3カ所のモニターに表示する。混雑状況の数値化には、日立製作所が協力する。

東京モノレール改札口は3月30日から、京浜急行改札口が4月下旬からそれぞれサービスを開始する予定。

また、スマートフォンアプリをバージョンアップし5月下旬から「お客さまの搭乗口」の表示を追加する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. JAL、整備場でプロジェクションマッピングを実施…「TED×Haneda2016」を支援

    JAL、整備場でプロジェクションマッピングを実施…「TED×Haneda2016」を支援

  2. シンガポール・チャンギ空港、14年旅客数は過去最高の5410万人

    シンガポール・チャンギ空港、14年旅客数は過去最高の5410万人

  3. シンガポール・チャンギ空港、1月旅客数は3.8%減…春節の2月開始が影響

    シンガポール・チャンギ空港、1月旅客数は3.8%減…春節の2月開始が影響

  4. チャンギ空港と厦門航空、シンガポール・中国間の輸送拡大に関する覚書に署名

  5. シンガポール・チャンギ空港、6月利用者数は微増…上半期実績は横ばい

  6. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  7. 熊本城修復にドローン活用…国土地理院ランドバードで石垣を撮影

  8. シンガポール・チャンギ空港、タイ路線旅客数が12か月ぶりにプラス…10月利用実績

  9. シンガポール・チャンギ空港、世界最高の空港に選ばれる…英スカイトラックス実施の「ワールド・エアポート・アワード2016」

  10. シンガポール・チャンギ空港、3月旅客数8%増…タイ・マレーシア・中国線で伸び率2桁

アクセスランキングをもっと見る