人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

JAL、羽田空港での国内線保安検査場の待ち時間をモニターで案内

航空 企業動向

東京モノレール改札口設置場所・モニター画面イメージ
  • 東京モノレール改札口設置場所・モニター画面イメージ
  • 京浜急行改札口設置場所・モニター画面イメージ
  • スマートフォンアプリをバージョンアップし「お客さまの搭乗口」の表示を追加
日本航空(JAL)は、羽田空港国内線保安検査場での待ち時間を案内するサービスを拡充する。

現在、スマートフォンのアプリで国内線保安検査場での待ち時間を案内するサービスを実施している。今回、これまでの案内サービスに加えて、東京モノレール、京浜急行の駅から出発階への動線上に大型モニターを設置、保安検査場の待ち時間をお知らせするサービスを開始する。

羽田空港国内線第1旅客ターミナルで、JALグループ便搭乗客が利用する4カ所の保安検査場の混雑状況を数値化し、出発当日に羽田空港ビル内の3カ所のモニターに表示する。混雑状況の数値化には、日立製作所が協力する。

東京モノレール改札口は3月30日から、京浜急行改札口が4月下旬からそれぞれサービスを開始する予定。

また、スマートフォンアプリをバージョンアップし5月下旬から「お客さまの搭乗口」の表示を追加する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. JALの「九州ふっこう割」第2弾---最大2万円割引

    JALの「九州ふっこう割」第2弾---最大2万円割引

  2. アリタリア航空、ローマ=テネリフェ線を開設 10月30日から

    アリタリア航空、ローマ=テネリフェ線を開設 10月30日から

  3. ANA956便事故「機長の操作ミス」---運輸安全委員会

    ANA956便事故「機長の操作ミス」---運輸安全委員会

  4. 米LCCジェットブルー、フォートローダーデール=キューバ路線の運航開始日を発表

  5. IHI、航空機エンジン「GE9X」開発に参画…ボーイング777Xに搭載

  6. エティハド航空、アブダビ=ニューヨーク線に A380 を追加投入 2017年6月から

  7. ボーイング 777X、主要構造部位の21%が日本の航空機メーカー製に

  8. エミレーツ航空、ドバイ=ヨハネスブルグ線に A380 を投入 2017年2月から

  9. 「九州ふっこう割引」で熊本宿泊が最大3万円お得…ANAがツアー発売

  10. 損保ジャパン日本興亜、日本全国でドローンを飛行できる包括許可を取得

アクセスランキングをもっと見る