JAL、羽田空港での国内線保安検査場の待ち時間をモニターで案内

航空 企業動向

東京モノレール改札口設置場所・モニター画面イメージ
  • 東京モノレール改札口設置場所・モニター画面イメージ
  • 京浜急行改札口設置場所・モニター画面イメージ
  • スマートフォンアプリをバージョンアップし「お客さまの搭乗口」の表示を追加
日本航空(JAL)は、羽田空港国内線保安検査場での待ち時間を案内するサービスを拡充する。

現在、スマートフォンのアプリで国内線保安検査場での待ち時間を案内するサービスを実施している。今回、これまでの案内サービスに加えて、東京モノレール、京浜急行の駅から出発階への動線上に大型モニターを設置、保安検査場の待ち時間をお知らせするサービスを開始する。

羽田空港国内線第1旅客ターミナルで、JALグループ便搭乗客が利用する4カ所の保安検査場の混雑状況を数値化し、出発当日に羽田空港ビル内の3カ所のモニターに表示する。混雑状況の数値化には、日立製作所が協力する。

東京モノレール改札口は3月30日から、京浜急行改札口が4月下旬からそれぞれサービスを開始する予定。

また、スマートフォンアプリをバージョンアップし5月下旬から「お客さまの搭乗口」の表示を追加する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

    【IDE TOKYO16】多目的無人ヘリを参考出品、17年発売へ…日本遠隔制御

  2. ANA、ベトナム航空と資本・業務提携で最終合意…コードシェア便を設定

    ANA、ベトナム航空と資本・業務提携で最終合意…コードシェア便を設定

  3. JAL輸送実績、国際線の座席利用率77.5%、国内線は62.4%…4月

    JAL輸送実績、国際線の座席利用率77.5%、国内線は62.4%…4月

  4. ドローン活用の映像とクリエイターを支援するセミナーを開催…6月5日に表参道ヒルズ

  5. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

  6. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  7. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  8. 豪シドニー空港ターミナル1に「ティファニー」がオープン

  9. スカイロボット、人工知能を搭載したドローンで遭難者を探索する実証実験を実施

  10. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

アクセスランキングをもっと見る