中国もOK? 海外で日本と変わらずGmailやTwitterが使用可能になるサービス

エンターテインメント 話題

 ビジネスでの海外渡航の際、やはり問題となるのが通信環境だ。海外対応の端末やSIMの手配、ローミングサービスの確認など煩雑な作業が多いだけでなく、いざ通信は確立しても、安全性に懸念が残ったり、日本同様のサービスが使えなかったりすることも多い。

 これは、中国に代表されるように、各国の情報管理政策の違いなどが背景にあるためだ。こうした場合、従来はVPN接続などを行うのが一般的だったが、設定も難しく料金も高かった。

 プラネックスコミュニケーションズは、海外から日本国内と同じウェブサービスを利用できるようになる「どこでも日本 ホットラインサービス」を発表。4月7日より販売を開始する。

 「どこでも日本 ホットラインサービス」は、親機と子機のハードウェア、2年間の接続サービスがセットになった商品だ。渡航前に、現在使用している自宅のルーターなどに、LANケーブルで親機を接続。海外の渡航先では、有線LANケーブルに子機を接続。その後、スマートフォンなどでSSIDとパスワードを入力するだけで、日本にいるときと同じように、Gmail、Twitter、Facebook、LINEなどのサービスが、そのまま利用できるという。

 子機は約30×45×55mm×約55gのコンパクトサイズで、コンセント直挿し型となっている。コンセントに挿し、有線LANケーブルを接続するだけですぐに利用できる。また国内旅行の際や、インターネット接続が制限されていない渡航先では“ホットライン”機能を無効にして、コンセント直挿型の無線LANルーター(ちびファイ3 MZK-DP150N同等品)として活用できる。

 独自の接続技術を用いて自動で接続するので、特別な設定は不要だ。子機から親機を経由して、1対1暗号化通信により目的のウェブサービスのサーバーにアクセスするため、IPアドレスは自宅である日本のIPアドレスとなる。これにより、一部海外地域で利用できないサービスが利用できるという。たとえば、中国からそのままGmailを利用するといったことも可能とのこと。

 利用料金は、2年の接続サービス料金込みで19,800円(税抜)。3年目から年額接続サービス料金3,600円が必要。
《冨岡晶@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 【NEW環境展16】熱中症対策で冷える帽子「クールビット」が大ヒット…日曜発明ギャラリー

    【NEW環境展16】熱中症対策で冷える帽子「クールビット」が大ヒット…日曜発明ギャラリー

  2. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

    【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  3. オバマ大統領すでに来日?! 日本観光する写真が……

    オバマ大統領すでに来日?! 日本観光する写真が……

  4. 【GARMIN ForeAthlete 225J インプレ前編】心拍計内蔵で利便性が劇的に向上したGPSウォッチの中核モデル

  5. サミットをチャンスに! 三重県・アンテナショップの挑戦

  6. 理想の体型、それが目標…“逆算型ダイエット”にアプリで挑戦

  7. アスリートから流行中…着るだけで安眠できる「リカバリーウェア」

  8. 【GARMIN vivosmart HR J インプレ後編】常時心拍計測で始まる健康管理生活

  9. 【GARMIN vivosmart HR J インプレ前編】アクティビティトラッカーの新しい存在意義を見いだした意欲作

  10. 【GARMIN vivoactive J インプレ前編】Apple Watchに似てApple Watchに非ず? カスタム自在の万能型スマートウォッチ

アクセスランキングをもっと見る