マツダ組織改正、中国ビジネス強化や国内ブランド価値向上へ

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ本社(広島)
  • マツダ本社(広島)
  • マツダ アテンザ(マツダ6)
マツダは4月1日付で組織改革と人事異動をおこなうと発表した。中国ビジネスの強化や、国内販売におけるブランド価値向上に向けた販売会社との連携に取り組む。

中国事業領域については、これまで会社別に統括していた企画・経営と販売・マーケティングに関する業務を、機能別に統合・再編、統一されたマツダブランドの確立とさらなるビジネス基盤の強化を図る。具体的には中国第1事業部および中国第2事業部を廃止、統合・再編し、中国マーケティング部および中国ビジネス推進部を新設する。

MDI プロジェクト領域では、ITの進化やニーズの多様化に対応するため、MDI プロジェクト室を新設。中長期経営課題の解決に向け、「マツダデジタルイノベーション」(MDI)の新たなステージに取り組むとする。

R&Dリエゾン領域では、マツダとフォードの資本関係の変化にともない、研究・開発に関わる両者間の調整業務を担う組織の効率化を図る。具体的には、R&Dリエゾン室を廃止し、同室が担っていたマツダとフォード間の技術情報交換ならびに協業の推進を支援する機能を、R&D技術管理本部に移管する。

デザイン領域ではデザイン本部にブランドスタイル統括部を新設。「ブランド様式に関わる表現、ビジュアル、コミュニケーションの企画・提案を行い、その品質を一括管理する機能を強化する」としている。

また国内営業領域では、国内営業本部に、東日本営業部および西日本営業部を新設。ブランド価値向上の取組みを、全国の販売会社と協力して実現するための連携体制を構築する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

    ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

  2. アストンマーティン アジア太平洋地区代表「日本を主要市場と位置付けている」

    アストンマーティン アジア太平洋地区代表「日本を主要市場と位置付けている」

  3. 大豊工業グループ、エンジンベアリングの生産能力を増強へ

    大豊工業グループ、エンジンベアリングの生産能力を増強へ

  4. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  5. 茨城日産、ルノーつくばを新規オープン…県内2店舗目 9月3日

  6. 二次電池世界市場、2020年には25.7%増…8兆1456億円に拡大

  7. カレコカーシェアリング、レクサス 3車種を都内3ステーションに導入

  8. ボルボカーズ、400名のエンジニアを採用…過去最大規模

  9. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  10. 作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら