シンガポール航空、インド・南アフリカ線の出発ターミナルを変更へ…5月17日以降

航空 企業動向

シンガポール航空は5月17日以降、チャンギ国際空港を出発するインド・南アフリカ線の利用ターミナルをターミナル3に変更する。

ターミナル3からインド北部・西部に向かう便は次の通り。ニューデリー行き2時35分発のSQ402便。ニューデリー行き17時10分発の406便。ムンバイ行き7時40分発の422便。ムンバイ行き19時発の424便。ムンバイ行き2時35分発の426便。アフマダーバード行き18時35分発の530便。

ターミナル3からインド南部・東部に向かう便は次の通り。ベンガルール行き20時5分発の502便。コルカタ行き21時発の516便。チェンナイ行き20時25分発の528便。

ターミナル3から南アフリカに向かう便は次の通り。ヨハネスブルグ、ケープタウン行き1時25分発の478便。

なお、シルクエアー(シンガポール航空の提携航空会社)のインド線は今後もターミナル2から出発する。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

    羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

  2. 富士重、ファンボローエアショーに最新型ヘリコプターの模型や無人機を展示

    富士重、ファンボローエアショーに最新型ヘリコプターの模型や無人機を展示

  3. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

    川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  4. ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

  5. ボンバルディア、SWISSに CS100 初号機を納入…営業飛行開始は7月15日

  6. ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

  7. エアバス、エチオピア航空 A350XWB 第1号機を引き渡し

  8. ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

  9. 富士重、陸自向け新多用途ヘリコプター開発へ…試作請負契約を締結

  10. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

アクセスランキングをもっと見る