【ロールスロイス ドーン】 レイス との違いは、複数で楽しむか個人で楽しむか

自動車 ニューモデル 新型車

ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス ドーン
  • ロールスロイス レイス
  • ロールスロイス レイス
  • ロールスロイス レイス
  • ロールスロイス レイス
ロールスロイス『ドーン』と『レイス』は、カブリオレとクーペの違いはあれど、2ドアスペシャリティカーであり、また、価格も3740万円と3383万円と比較的近い設定だ。しかし、性格は全く違うという。

ロールス・ロイス・モーター・カーズアジア太平洋地域 商品マネージャーのスヴェン・グルンヴァルト氏によると、「レイスはこれまでロールスロイスが発表した中で最もパワフルなモデルだ。今後もおそらくその位置を確保し続けるだろう」と述べる。そして、「ドライバーがグランツーリズムを体感、体現できるようなモデルだ」と説明。

また、ロールス・ロイス・モーター・カーズ アジア太平洋 リージョナル・ディレクターのポール・ハリス氏も「レイスは一人でドライブ自体を楽しみたい人が、ガンガン音楽をかけながら、またスピードリミットと相談をしながらスポーティさを楽しむイメージだ」と説明。

それに対しドーンは、「スポーティさではなくもっとラグジュアリスな贅沢性を追求したモデルだ」とハリス氏。「例えば夏に、気の合う仲間4人でどこか小さな町に泊まりながら、海辺の町へ長距離を走っていくというのがイメージだ」とし、それぞれ使用想定シーンが全く違っていることを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

    【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  3. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

    【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  4. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  5. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  6. 中国ジーリー、新型コンパクトSUVで世界進出へ

  7. ボルボ、S60/V60 ディーゼルモデルにスポーティな特別仕様を設定

  8. 【パリモーターショー16】スマート 新型にEV、初公開へ

  9. ポルシェ 911 史上最強!?「GT2 RS」がニュル降臨

  10. メルセデス S300h および S550eロング に左ハンドル仕様を追加

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら