フォード エコスポーツ、インド製からルーマニア製に変更へ…欧州仕様

自動車 ビジネス 企業動向

フォード エコスポーツ 改良新型
  • フォード エコスポーツ 改良新型
  • フォード エコスポーツ 改良新型
  • フォード エコスポーツ 改良新型
米国の自動車大手、フォードモーターは3月22日、2017年秋からルーマニア工場において、小型SUVのフォード『エコスポーツ』を生産すると発表した。

フォードモーターは、エコスポーツの生産準備として、ルーマニアのクラヨーヴァ組み立て工場に、最大2億ユーロを投資する計画。製造ラインを改修する。

現在、クラヨーヴァ組み立て工場では、フォード『B-MAX』と1.0リットル「エコブースト」エンジンを生産中。同工場製のエコスポーツは、ロシアを除いた欧州全域で発売される予定。

なお、欧州向けのエコスポーツは現在、インド・チェンナイ工場で生産。2017年秋から、ルーマニア・クラヨーヴァ製に切り替えられる。

エコスポーツの2016年の欧州販売は、前年実績のほぼ30%増。小型SUVセグメントは、さらなる成長が見込まれており、2017年までに35%増の150万台規模に拡大する見通し。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

    テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  2. 自動車事故防止モニタリングサービス、損保ジャパン日本興亜など提供開始

    自動車事故防止モニタリングサービス、損保ジャパン日本興亜など提供開始

  3. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

    テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  4. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  5. メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

  6. 米EVテスラ、太陽光発電企業の買収に強い意欲

  7. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  8. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  9. ガリバー、社名を「IDOM(いどむ)」に変更…ブランド名「ガリバー」は継続

  10. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら