【ニューヨークモーターショー16】ビュイックの小型SUV、アンコール に2017年型…表情一新 | レスポンス(Response.jp)

【ニューヨークモーターショー16】ビュイックの小型SUV、アンコール に2017年型…表情一新

自動車 ニューモデル モーターショー

ビュイックアンコール の2017年型
  • ビュイックアンコール の2017年型
  • ビュイックアンコール の2017年型
  • ビュイックアンコール の2017年型
米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、ビュイックは3月23日、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、『アンコール』(ENCORE)の2017年モデルを初公開した。

アンコールは2012年1月、デトロイトモーターショー12で発表。同車は2列シート、5名乗りのクロスオーバー車。ボディサイズは全長4278×全幅1774×全高1646mm、ホイールベース2555mm。米国では、小型のラグジュアリークロスオーバー車に分類される。

またアンコールは、同じくGMのブランド、シボレーとオペルでも兄弟車を設定。シボレーは、『トラックス』、オペルは『モッカ』として、販売されている。3車はフロントマスクなどの細部が異なるが、エンジンや車台は共用。

ニューヨークモーターショー16で初公開された2017年モデルでは、アンコールのデビュー以来、初の大幅改良を実施。外観は、フロントを中心にフェイスリフト。グリル、ヘッドライト、バンパーのデザインを変更し、表情を一新する。ドアミラーやテールランプ、アルミホイールも新しい。

室内は、ダッシュボードが新デザイン。中央には、8インチの新型モニターを組み込む。アップル社の「CarPlay 」およびグーグルの「Android Auto」への対応も図られた。エンジンに関しては、GMのダウンサイジングユニット、直噴1.4リットル直列4気筒ガソリン「エコテック」ターボを継続搭載している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品