【東京モーターサイクルショー16 動画】スズキ、次期「GSX-R1000」はクラス最高性能を予告

モーターサイクル エンタメ・イベント




スズキブースでは昨年のEICMAで発表した輸出モデル、新型『SV650 ABS』や日本初公開となる次期『GSX-R1000』のコンセプトモデルなど7台が参考出品となる。

多くのファンが待ち焦がれている新型R1000は2017年に市販化を予定で、今秋のモーターショーでより詳しい情報がアナウンスされそうだ。走る、曲がる、止まるを極めたモデルとして、「ナンバーワン・スポーツバイク!」をコンセプトに現在最終段階の開発が進められているという。クラス最高のトップパフォーマンスを目指し、最新電子制御はもちろんのこと、ベースモデルとしてのポテンシャルを引き上げることでドライバビリティの向上を図る。

また、「SV650」は国内モデルを6月にも発売予定か。先代から受け継ぐ伝統のVツインエンジンをリファインして剛性バランスを最適化した新設計スチールフレームに搭載。Vツインらしさをスタイリングや走りで表現したモデルとなっている。エンジンは低速の鼓動感が強調され、ツインプラグ化によりベースモデルのグラディウスから4psアップ。軽量コンパクトなボディにより同比較で8kgもの軽量化を果たしている。燃費もリッター26kmと大幅に向上するなど、性能面でも現代に相応しいレベルにアップグレードされた。

現行モデルも充実。昨年発売されて話題となったロードスポーツ「GSX-S1000/F ABS」の他、「隼(ハヤブサ)」や「V-Strom1000 ABS/V-Strom650XT ABS(オプション装着車)」など国内大型モデルを中心に出品。さらに昨年からMotoGPに復帰したスズキのファクトリーマシン「GSX-RR」を展示。フルバンクを再現した跨り撮影コーナーを設けるなど、実際に触れて楽しめる車両を数多く展示しているのが特徴だ。
《佐川健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

    トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  2. ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

    ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

  3. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  5. ヤマハ、ナイジェリアに再参入…二輪新工場を開業

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  7. 【東京モーターサイクルショー16】高級バイクがずらり、最高価格はなんと1360万円…モトコルセ

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

  9. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

アクセスランキングをもっと見る