【東京モーターサイクルショー16 動画】ヤマハ、レトロと先進の融合「XSR900」と3輪「トリシティ155」が初公開

モーターサイクル エンタメ・イベント




「ヤマハ」の目玉は何といっても国内初お披露目となる『XSR900』だろう。“The Performance Retro-ster”をコンセプトに開発、味わいのあるレトロな外観と先進技術によるパフォーマンスを合わせもったロードスターだ。

『MT-09』に搭載の水冷直列3気筒エンジンにトラクションコントロールシステムやアシスト&スリッパークラッチ、ABSなど最新電子制御を導入しつつ、外観は本格的な専用デザインと金属の素材感を生かした加工法で仕上げた注目の一台。手仕上げによるアルミタンクカバーなど繊細な美しさが際立つモデルである。ネオレトロは欧州のカスタムビルダーを中心に最近盛り上がりを見せている新たな潮流であり、ヤマハはメーカーとしていち早くトレンドを取り込んだ形だ。

また、市販予定車として『TRICITY 155』を世界初公開。LMW(リーニング・マルチ・ホイール)コンセプトの3輪スクーターだが、単に125ccの拡大版ではない専用設計であることがポイントだ。低燃費と走りの楽しさを両立する最新の「BLUE CORE」エンジンを搭載し、リヤホイール径をアップしてハンドリングを向上、リヤまわりを中心により一体感のあるデザインを取り入れた。マルチホイール普及に向けたヤマハの意欲を示す一台である。

さらにYZF-Rシリーズ・MTシリーズをフルラインアップ展示し、実車に跨って取り回せる「軽さ体験コーナー」を設置。コミューターゾーンでは「TRICITY」「NMAX」「BW'S125」「CYGNUS X-SR」など125ccスクーターを中心に生活を楽しくする多彩なラインアップを展開。

60th記念コーナーではストロボラインが懐かしい「XSR900 60th Anniversary」や往年の名手ケニー・ロバーツとともにWGP500ccクラス3連覇を達成したワークスマシン「YZR500」が展示されるなど、新旧を織り交ぜた華やかなブース展開となっている。
《佐川健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

    バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

  2. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

    ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  3. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

    カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  4. OGKカブト、レーシングモデル RT-33 に新グラフィックを追加

  5. ”走る宝石”MVアグスタ をレンタルする…レンタル819

  6. ヤマハのデザインコンセプト「GEN」に新モデル…人と人を結ぶモビリティ

  7. BSスカパー!カスタム番組、バイきんぐ 小峠英二と愛車トライアンフ登場

  8. 二輪車ETC購入助成、募集期間前半で締め切りの勢い

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  10. カワサキ Ninja H2R、斬新かつ機能的デザインで「発明賞」

アクセスランキングをもっと見る