【東京モーターサイクルショー16】全国70ヶ所で試乗会開催…ハーレーダビッドソン

モーターサイクル 新型車

110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載するローライダーS(左)とCVOプロストリート ブレイクアウト。
  • 110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載するローライダーS(左)とCVOプロストリート ブレイクアウト。
  • ローライダーSとハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長。
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長
  • 110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載するローライダーS(左)とCVOプロストリート ブレイクアウト
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長
ハーレーダビッドソンは先の大阪モーターサイクルショーに続き、話題のニューモデル2台『ローライダーS』と『CVOプロストリート ブレイクアウト』をディスプレイし、プレスカンファレンスで改めて発表した。

両モデルとも110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載し、ビキニカウルとトールバーを備えたローライダーSは、カットフェンダーにソロシートをセット。CVOプロストリート ブレイクアウトはスピードスクリーンやストレートバーを装着し、ドラッグレースマシンを強く意識したロー&ロングスタイルとしている。

ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長は、今回のブースと4月からの公式イベントについても言及した。

「今年(のブース)はガレージをイメージしました。ブース内を歩いていただくと、インスピレーションを与えてくれる多くのモーターサイクルに出逢うと思います。そして本日、ハーレーダビッドソンジャパンは『The Legend On Tour(ザ・レジェンド・オン・ツアー)』のローンチを発表します」。

ザ・レジェンド・オン・ツアーは地域をめぐる、展示・体感イベント。会場ではハーレーダビッドソンを試乗できるだけでなく、担当者とより詳しく同車のモデルについて話ができるという。

ファレル社長は、「春から夏にかけて70ヶ所以上を回ります。なかでもツアーのハイライトとなるのは、5月21日(土)と22日(日)に富士スピードウェイで開催されます『ブルースカイヘブン』となりますのでご期待ください」としている。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 限定5万台を実質棚上げ 応募殺到でキャンペーン継続中...二輪車ETC助成

    限定5万台を実質棚上げ 応募殺到でキャンペーン継続中...二輪車ETC助成

  2. 100周年カラーがまぶしい…写真で見るBMWモトラッド「セレブレーション・エディション」

    100周年カラーがまぶしい…写真で見るBMWモトラッド「セレブレーション・エディション」

  3. クレイジーケンバンド横山剣が「ハーレーで新曲をつくる」宣言!

    クレイジーケンバンド横山剣が「ハーレーで新曲をつくる」宣言!

  4. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  5. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  6. 【ムルティストラーダ 1200エンデューロ 550km試乗】ダートエリアへも“ひとっ飛び”の高速巡航力…青木タカオ

  7. ヤマハ、初の三輪ATバイク トリシティ 発売…35万6400円、小自二免許が必要

  8. 日本無線、GPS付き二輪車用ETC2.0車載器を発売…防水性向上

  9. スズキ、市販モトクロッサー RM-Z450 2017年モデルを発売…カラーリング変更

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら