【東京モーターサイクルショー16】全国70ヶ所で試乗会開催…ハーレーダビッドソン

モーターサイクル 新型車

110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載するローライダーS(左)とCVOプロストリート ブレイクアウト。
  • 110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載するローライダーS(左)とCVOプロストリート ブレイクアウト。
  • ローライダーSとハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長。
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長
  • 110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載するローライダーS(左)とCVOプロストリート ブレイクアウト
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長
  • ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長
ハーレーダビッドソンは先の大阪モーターサイクルショーに続き、話題のニューモデル2台『ローライダーS』と『CVOプロストリート ブレイクアウト』をディスプレイし、プレスカンファレンスで改めて発表した。

両モデルとも110キュービックインチ(1801cc)エンジンを搭載し、ビキニカウルとトールバーを備えたローライダーSは、カットフェンダーにソロシートをセット。CVOプロストリート ブレイクアウトはスピードスクリーンやストレートバーを装着し、ドラッグレースマシンを強く意識したロー&ロングスタイルとしている。

ハーレーダビッドソンジャパンのスチュワート・ファレル代表取締役社長は、今回のブースと4月からの公式イベントについても言及した。

「今年(のブース)はガレージをイメージしました。ブース内を歩いていただくと、インスピレーションを与えてくれる多くのモーターサイクルに出逢うと思います。そして本日、ハーレーダビッドソンジャパンは『The Legend On Tour(ザ・レジェンド・オン・ツアー)』のローンチを発表します」。

ザ・レジェンド・オン・ツアーは地域をめぐる、展示・体感イベント。会場ではハーレーダビッドソンを試乗できるだけでなく、担当者とより詳しく同車のモデルについて話ができるという。

ファレル社長は、「春から夏にかけて70ヶ所以上を回ります。なかでもツアーのハイライトとなるのは、5月21日(土)と22日(日)に富士スピードウェイで開催されます『ブルースカイヘブン』となりますのでご期待ください」としている。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  2. 二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

    二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

  3. ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

    ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

  4. ヤマハ、ナイジェリアに再参入…二輪新工場を開業

  5. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  8. 【東京モーターサイクルショー16】スズキ、「隼」超えるバイクでブランド力のアップねらう

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

  10. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

アクセスランキングをもっと見る