【東京モーターサイクルショー16】「もっと2輪に乗ろうよ!」のJAF、リアル久留間まもりが5人から3人に!?

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

JAFブース(東京モーターサイクルショー16)
  • JAFブース(東京モーターサイクルショー16)
  • JAFブース(東京モーターサイクルショー16)
  • JAFブース(東京モーターサイクルショー16)
  • JAFブース(東京モーターサイクルショー16)
  • JAFブース(東京モーターサイクルショー16)
JAF(日本自動車連盟)東京支部のブースまわりでは、あのリアル久留間まもりが巡回。来場者とバイクに“タンデム”で記念撮影できる「ハッピーバイクPHOTOスポット」や、マモリーズダンスパフォーマンスのステージは、ファンらで混雑した。

取材班がブースに訪れたときは3人。「彼女たちは2期生。あれ、さっきまで5人いたはずだけど…。あらっすみません。いま2人は食事中だって」とスタッフ。2次元の久留間まもりから飛び出した女子たちの“真昼のリアル”だった。

また、「JAFは4輪のロードサービスといったイメージがいまだに根強い。『もっと2輪に乗ろうよ!』という活動も主体的に実施していることを今回はアピールしたかった」ともいう。同ブースでは、モーターサイクルジャーナリスト・ケニー佐川氏によるトークショー「ハッピーバイク塾」や、JAFデジタル会員証アプリのインストールでトライできるガチャガチャにも人だかりができていた。

ブースのまわりを巡回するリアル久留間まもりやロードスタッフは、入会やバイク救援ロードサービスなどについて「いつでも気軽に聞いてほしい」と伝えていた。
《大野雅人》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品