トラックに積んだ電柱がバスに接触、客1人が負傷

自動車 社会 社会

21日午前11時ごろ、東京都江東区内の都道を走行していた大型路線バスに対し、後ろから進行してきたトラックの荷台に積載されていた電柱が接触する事故が起きた。バスの窓ガラスが損壊し、客1人が負傷している。

警視庁・城東署によると、現場は江東区亀有1丁目付近で片側2車線の直線区間。トラックは第1車線を走行していたが、交差点を左折しようとした際に、荷台からはみ出す状態で積載されていた積荷の電柱が第2車線を走行していた大型路線バスと接触した。

接触によってバスの客席後部ガラスが損壊。近くに着座していた60歳代の女性にガラス片が顔面に当たるなどの軽傷を負った。他の乗客乗員にケガはなく、警察では双方の運転者から事情を聞いている。

警察では積荷の積載方法に問題がなかったかどうかを含め、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

    その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

  2. 国連、車両の相互承認制度について日本提案で合意

    国連、車両の相互承認制度について日本提案で合意

  3. 国道57号の復旧ルートを仮設定…地域住民に提示

    国道57号の復旧ルートを仮設定…地域住民に提示

  4. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  5. 郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

  6. 経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

  7. 俵山トンネルの補修工事に着手…熊本地震で通行不能

  8. 水素ステーション普及のためJIS改正…使用温度を120度に拡大

  9. カードでも“おもてなし” レクサスカードの上質サービス

  10. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

アクセスランキングをもっと見る