【ニューヨークモーターショー16】トヨタ カローラ、50周年キャンペーンを開始

自動車 ニューモデル モーターショー

1968年に米国に最初に導入されたトヨタカローラ(ニューヨークモーターショー16)
  • 1968年に米国に最初に導入されたトヨタカローラ(ニューヨークモーターショー16)
  • 名車、AE86(ニューヨークモーターショー16)
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月24日、米国で開催中のニューヨークモーターショー16において、『カローラ』のデビュー50周年キャンペーンを開始すると発表した。

初代カローラは1966年11月、日本国内での販売を開始。1968年には、米国上陸を果たした。過去50年間の世界累計販売台数は、4300万台以上。

現在トヨタは、年間およそ150万台のカローラを世界で販売。生産は、米国やカナダを含めて、世界16 の工場で行われている。

今回、米国トヨタ販売はニューヨークモーターショー16において、カローラのデビュー50周年キャンペーンを開始すると発表。50周年を記念した特別モデルの投入をはじめ、1970年式カローラのフルレストア車による全米周遊などを計画する。

ニューヨークモーターショーの特設会場には、1968年に米国に最初に導入されたカローラや、名車、「AE86」の姿も。米国トヨタ販売は、「カローラがいかに多くの思い出やマイルストーンを生み出してきたか、この1年を通してお見せしたい」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  4. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  9. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら