ポルシェジャパン、予防措置としてカイエン6000台の点検作業を実施

自動車 ビジネス 国内マーケット

ポルシェ カイエン
  • ポルシェ カイエン
ポルシェジャパンは3月25日、2011年から2016年モデルの『カイエン』シリーズ約6000台を対象に、予防安全のため改善措置を実施すると発表した。

対象のカイエンについては、ペダルを固定するシャフト上のサークリップ(半円形のワッシャー)が装着されていない車両が出荷されている可能性のあることが社内検査により判明。ポルシェは3月24日、ブレーキペダルの部品が脱落する可能性があり、最悪の場合、ブレーキ操作ができなくなる恐れがあるとして、全世界でカイエン40万9477台をリコールすると発表している。

今回、サービス工場において無償点検作業を実施し、サークリップが正確に組みつけられているかを確認する。車両オーナーにはポルシェ正規販売店から直接連絡。点検作業は30分程度で完了する見込み。

なお、現在のカイエン製造ラインでは、すでに修正が施されている。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品