ポルシェジャパン、予防措置としてカイエン6000台の点検作業を実施

自動車 ビジネス 国内マーケット

ポルシェ カイエン
  • ポルシェ カイエン
ポルシェジャパンは3月25日、2011年から2016年モデルの『カイエン』シリーズ約6000台を対象に、予防安全のため改善措置を実施すると発表した。

対象のカイエンについては、ペダルを固定するシャフト上のサークリップ(半円形のワッシャー)が装着されていない車両が出荷されている可能性のあることが社内検査により判明。ポルシェは3月24日、ブレーキペダルの部品が脱落する可能性があり、最悪の場合、ブレーキ操作ができなくなる恐れがあるとして、全世界でカイエン40万9477台をリコールすると発表している。

今回、サービス工場において無償点検作業を実施し、サークリップが正確に組みつけられているかを確認する。車両オーナーにはポルシェ正規販売店から直接連絡。点検作業は30分程度で完了する見込み。

なお、現在のカイエン製造ラインでは、すでに修正が施されている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  3. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  5. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  6. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】スマホと運転、両操作をつなぐ次世代コックピットを日本初公開…ヴァレオ

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  9. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  10. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

アクセスランキングをもっと見る