【ニューヨークモーターショー16】BMW、330e「iパフォーマンス」発表…PHV新ブランド第二弾

自動車 ニューモデル モーターショー

BMW 330e iパフォーマンス
  • BMW 330e iパフォーマンス
  • BMW 330e iパフォーマンス
  • BMW 330e iパフォーマンス
  • BMW 330e iパフォーマンス
  • BMW 330e iパフォーマンス
  • BMW 330e iパフォーマンス
ドイツの高級車メーカー、BMWは3月23日、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、『330e iパフォーマンス』を初公開した。

BMWは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、新ブランドの「iパフォーマンス」を立ち上げると発表。BMWは電動化技術に特化したブランドとして、「i」を擁する。「iパフォーマンス」は、このiブランドの技術を導入したBMWブランド車に与えられる名称。具体的には、BMWブランドの全てのプラグインハイブリッド車(PHV)に、2016年7月から、iパフォーマンスの名前が冠される。

iパフォーマンスの第一弾として、ジュネーブモーターショー16で初公開されたのが、新型『7シリーズ』のPHV。新型7シリーズの欧州発表の際、「740e」(ロングホイールベースは「740Le」)を名乗っていたが、発売時には、「740e iパフォーマンス」、「740Le iパフォーマンス」の新名称が採用された。

ニューヨークモーターショー16で初公開された330e iパフォーマンスは、iパフォーマンスの第二弾。『3シリーズセダン』のPHVグレード、「330e」の名称変更モデルとなる。

PHVシステムは、エンジンが2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ。米国仕様の場合、最大出力180hpを引き出す。これに、最大出力87hpのモーターを組み合わせる。PHVシステム全体では、248hpのパワーと、42.8kgmのトルクを獲得。0-96km/h加速5.9秒、最高速225km/hの性能を発揮する。

二次電池は、蓄電容量7.6kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大でおよそ23kmを、ゼロエミッション走行できる。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品