【ニューヨークモーターショー16】リンカーン ナビゲーター に次期型コンセプト…大胆ガルウイング

自動車 ニューモデル モーターショー

リンカーン ナビゲーター コンセプト(ニューヨークモーターショー16)
  • リンカーン ナビゲーター コンセプト(ニューヨークモーターショー16)
  • リンカーン ナビゲーター コンセプト(ニューヨークモーターショー16)
  • リンカーン ナビゲーター コンセプト(ニューヨークモーターショー16)
  • リンカーン ナビゲーター コンセプト
  • リンカーン ナビゲーター コンセプト
  • リンカーン ナビゲーター コンセプト
  • リンカーン ナビゲーター コンセプト
  • リンカーン ナビゲーター コンセプト
米国の自動車大手、フォードモーターの高級車ブランド、リンカーンは3月23日、米国で開幕したニューヨークモーターショー16において、『ナビゲーター コンセプト』を初公開した。

初代『ナビゲーター』は1997年に誕生。フォードブランドのフルサイズSUV、『エクスペディション』の車台をベースに開発されたリンカーンの最上級SUVが、ナビゲーター。米国ではキャデラック『エスカレード』などと競合する。

2003年には、2世代目にモデルチェンジ。2006年には、3代目に切り替わった。2008年には、日本市場にも正規輸入を開始。2014年2月、シカゴモーターショー14では、2015年モデルを発表。3代目にとって、初の大幅改良モデルで、表情を一新した。

ニューヨークモーターショー16で初公開されたナビゲーター コンセプトは、次期ナビゲーターを示唆したコンセプトカー。目を見張るのは、大型のガルウイングドア。ボディ側面には、格納式のステップが装備され、乗降性を高めている。

インテリアは、吟味された素材を用いて、リンカーンならではのラグジュアリーを表現。コネクティビティも追求された。パワートレインは、3.5リットルV型6気筒ツインターボ。最大出力400hp以上を発生する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  2. 【インタビュー】

    【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  3. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  5. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら