【バンコクモーターショー16】メルセデスベンツ、右ハンドルの新型 Eクラス をお披露目

自動車 ニューモデル モーターショー

メルセデスベンツ Eクラス(バンコクモーターショー16)
  • メルセデスベンツ Eクラス(バンコクモーターショー16)
  • メルセデスベンツ Eクラス(バンコクモーターショー16)
  • メルセデスベンツ Eクラス(バンコクモーターショー16)
  • メルセデスベンツ Eクラス(バンコクモーターショー16)
  • メルセデスベンツ Eクラス(バンコクモーターショー16)
  • メルセデスベンツ Eクラス(バンコクモーターショー16)
  • メルセデスベンツ Eクラス(バンコクモーターショー16)
  • メルセデスベンツ ブース(バンコクモーターショー16)
今年1月のデトロイトモーターショー16でお披露目された新型『Eクラス』が目玉となっているバンコクモーターショーのメルセデスブース。

メルセデスベンツが絶大なブランド力を持つタイだけにプレスデーだけでなく一般公開でも大きな注目を集めていたが、実は日本人としてもこのEクラスはなんとも興味深い存在だ。なぜなら、これまで公開されていた左ハンドルではなく日本同様の右ハンドル仕様だからである。事実上の「右ハンドルワールドプレミア」だ。

タイの道路は左側通行なので走るクルマは日本同様に右ハンドル。たとえばランボルギーニのようなスーパーカーだってあたりまえのように右ハンドルである。そんな国でお披露目されるモデルだから、新型Eクラスだって当然ハンドル位置は右。ここタイでは、なんと日本よりも早く右ハンドル仕様が公開されてリリースされるのだ。

メルセデスベンツにおけるタイ仕様の重要度は高く、注目モデルの右ハンドル仕様の世界初公開の場に選ばれることも多い。日本よりも早いだけでなく、ドイツと同じ欧州内の右ハンドル試乗であるイギリスよりも早くリリースされることも珍しいことではない。

バンコクモーターショーのメルセデスブースでは、新型Eクラスのほか『GLS』そして『GLEクーペ』など日本ではまだ未発売の右ハンドルモデルが置かれている。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

    歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  2. 【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

    【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

  3. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  4. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  6. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  8. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  9. スバル WRX S4 / STI 一部改良、インテリアの質感や静粛性を向上

  10. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら