サファイアガラスから樹脂へ…スマホの指紋認証機構を低コスト化

自動車 ビジネス 企業動向

 パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズは18日、スマートフォンなどに採用される指紋認証センサー用パッケージなどに適した高誘電率封止材を製品化し、4月から本格量産を開始することを発表した。

 従来のスマートフォンなどモバイル端末の指紋認証センサーには、高誘電率のサファイアガラスが採用されているが、小型薄型化が困難で製造プロセスが複雑といった問題があった。

 今回開発された高誘電率封止材は、サファイアガラスの代わりに樹脂(高誘電率エポキシ)を使用しており、薄型化を行いつつも、サファイアガラスに匹敵する高感度化を実現。

 また、成形時の狭部充填性と低反り性に優れており、製造プロセスの簡素化とコストの低減も可能としている。

指紋認証センサーパッケージの小型・薄型化を実現する封止材を製品化

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

    ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  2. 英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

    英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

  3. 参加費38万円、募金しながら走る自転車ツアー…マセラティ

    参加費38万円、募金しながら走る自転車ツアー…マセラティ

  4. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  5. ADVAN FLEVA V701 試走、グッドハンドリングで乗り心地も快適

  6. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  7. 英自工会「EUにとどまるのが望ましい」…国民投票前に声明

  8. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  9. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

  10. 日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合

アクセスランキングをもっと見る