中東欧LCCウィズエアー、スコピエ=ベルリン線を開設

航空 企業動向

中東欧最大の格安航空会社(LCC)、ウィズエアーは3月21日、スコピエ=ベルリン(シェーネフェルト)線を開設した。

スコピエはマケドニアの首都。運航便数は週2往復(24日まで月・木、29日から火・土)。29日以降のフライトスケジュールは次の通り。7739便はスコピエを18時15分に出発し、ベルリンに20時30分に到着。7740便はベルリンを21時に出発し、スコピエに23時15分に到着する。

また、ウィズエアーは22日からスコピエ=コペンハーゲン線を週2往復、28日からスコピエ=ブラチスラバ線を週2往復で開設し、マケドニア路線の更なる拡充を図る。ブラチスラバはスロバキアの首都。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ANA、マイレージサービスで同性パートナー登録を受付…LGBT

    ANA、マイレージサービスで同性パートナー登録を受付…LGBT

  2. エミレーツ航空、ドバイ=オークランド直行便にA380投入へ…10月30日から

    エミレーツ航空、ドバイ=オークランド直行便にA380投入へ…10月30日から

  3. JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

    JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

  4. 香港航空、サイパン線を新規開設へ…7月6日から

  5. 熊本城修復にドローン活用…国土地理院ランドバードで石垣を撮影

  6. JAL、熊本・大分線に「応援先得」運賃…期間限定で最大69%割引

  7. シンガポール航空、サンフランシスコ直行便を開設へ…シンガポール-LA間は増便

  8. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  9. JAL、訪日外国人向けに九州線1区間5400円

  10. エア・カナダ、トロント=アボッツフォード線の季節運航を再開

アクセスランキングをもっと見る