豊田通商など、茨城県の商業施設に国内最大規模のPVカーポートを納入

自動車 ビジネス 国内マーケット

豊田通商は3月22日、子会社である豊通ファシリティーズが茨城県の商業施設「あみプレミアム・アウトレット」に、オリックスと共同で国内最大規模の自家消費用カーポート型太陽光発電設備(PVカーポート)を納入したと発表した。

PVカーポートは約4000枚の太陽光パネルを使用し、最大出力は1MW。発電した電気は自家消費する。年間発電は施設共用部の年間電気使用量の約80%に相当する115万kWhを見込んでいる。

PVカーポートは、主に平置き駐車場のスペースを有効活用しながら太陽光発電設備を導入可能。環境負荷の低減に加え、遮熱効果や悪天候時の雨避けとして駐車場利用者の満足度向上につなげることができる。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品