【ジュネーブモーターショー16】変わるデザイン、変わらないDNA…アウディ チーフデザイナー

自動車 ビジネス 企業動向

アウディ チーフデザイナー マーク・リヒテ氏
  • アウディ チーフデザイナー マーク・リヒテ氏
  • アウディ Q2(ジュネーブモーターショー16)
  • アウディ Q2(ジュネーブモーターショー16)
  • アウディ Q2(ジュネーブモーターショー16)
  • アウディ Q2(ジュネーブモーターショー16)
  • アウディ Q2(ジュネーブモーターショー16)
  • アウディ チーフデザイナー マーク・リヒテ氏
3月初めにスイスで開かれた、ジュネーブモーターショー16において、アウディのチーフデザイナーであるマーク・リヒテ氏の話を聞く機会を得た。今回のショーでは、若者向けの新型SUV『Q2』を世界初公開したアウディ。そのデザインが今、変わろうとしている。

2014年にフォルクスワーゲンからアウディに移籍したリヒテ氏だが、ブランドのデザインを「変えていく」と断言する。「Q2を例で言うと、Q2のターゲットは若い人。はっきりしたキャラクターを好む」と、ターゲットによってデザインを柔軟に変えていくと明言。

とは言っても、ブランドとしての根幹は変わらないという。ブランドマトリックスの描かれたボードを手に取ると、「Vorsprung durch Technik(技術による先進)が真ん中にあり、プログレッシブ、高級感、スポーティの3つの価値をどのクルマでも表現していく」と力強く語る。

「ブランドマトリックスは変わらないDNAといっていい」と続けるリヒテ氏。「シングルフレームはその要素で、2004年からやってきて、これは今後も変わらない」と、ブランドとして変わらない部分もあると強調。しかし、シングルフレームの解釈は変わると言う。「例えば、Q2は初めてアウディのクルマを買うような若い顧客がターゲットなので、よりはっきりした、やんちゃなキャラクターを出したかった」と言い、色も赤や黄色やオレンジなど、若者を意識していることを明かした。

今回、Q2が新しく斬新なデザインを取り入れた背景には、SUVのデザインマンネリ化があるという。「SUVは大きくてクラシカルなデザインが主流だが、そのセグメントの中で、Q2は小型でプレミアムという新しいコンセプトを提示した」と、そのスポーツ性の高さを強調し、そういう意味で「プログレッシブ」なデザインだと説明した。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

    【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  2. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  3. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  4. VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

  5. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  6. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  7. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  8. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  9. 日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

  10. スズキ、世界生産が3年ぶりのマイナス 2016年上半期実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら