メルセデス Vクラス 新型、中国で発売…現地生産も開始

自動車 ビジネス 海外マーケット

中国で現地生産が開始された新型メルセデスベンツVクラス
  • 中国で現地生産が開始された新型メルセデスベンツVクラス
ドイツの高級車、メルセデスベンツは3月18日、新型『Vクラス』を中国市場で発売した。

新型Vクラスは2014年、ドイツで発表され、欧州をはじめ世界市場で販売を開始。2015年の世界販売は3万1500台。前年比は26%増と大きく伸びている。

中国向けの新型Vクラスの生産は、ダイムラーの中国合弁、福建ベンツ汽車の福州市の工場ですでに開始。2016年にはVクラスの商用車、『ヴィトー』の中国現地生産も、同工場で開始する予定だ。

新型Vクラスの中国仕様車は、中国の顧客の好みに応じた変更を実施。パノラマサンルーフ、冷蔵庫と保温機能カップホルダー付きの大型センターコンソール、折り畳みテーブル、マッサージ機能付きシートなどが装備される。

メルセデスベンツ商用車部門のVolker Mornhinweg代表は、「Vクラスは世界成長戦略の柱となる商品。Vクラスが中国の顧客に支持されると確信している」と語っている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品