三井のリパーク、さいたま市と協定締結…環境配慮・非常時対応型駐車場を開設 | レスポンス(Response.jp)

三井のリパーク、さいたま市と協定締結…環境配慮・非常時対応型駐車場を開設

自動車 ビジネス 国内マーケット

「三井のリパーク」武蔵浦和駅前第2駐車場 全景
  • 「三井のリパーク」武蔵浦和駅前第2駐車場 全景
  • ソーラーハイブリッドシステム
  • 電気自動車(EV)用充電器
  • 蓄電池
三井不動産リアルティは3月18日、環境配慮・非常時対応型駐車場の整備・拡大、利活用に向けて、さいたま市が進める「E-KIZUNAプロジェクト」を共同で推進していくことに合意し、協定を締結した。

同社は協定締結に伴い、レジリエンス対応型駐車場「三井のリパーク 武蔵浦和駅前第2駐車場」を3月17日に開設した。同駐車場は、高性能かつ大規模なソーラーシステムを使用することで、事業地内の全機器への電力供給が可能。災害時に商用電力が途絶えた場合でも、蓄電池内の電気を使うことで駐車場運営を継続することができる。

さらに、場内の電気自動車(EV)充電器を用い、災害時でもEVへの充電およびEVによる電気の持ち運びができる。また、駐車場前面道路が災害時等に「緊急輸送道路」となるため、緊急車両通行時等には、ゲートを開放することで路上車両の一時移動先として利用できる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品