国土交通省、交通モード間の接続強化に向けて施策を検討

自動車 社会 行政

国土交通省
  • 国土交通省
国土交通省は、道路ネットワークや空間を有効活用しながら、交通モード間の接続(モーダルコネクト)を強化すると発表した。

国民の日常生活や経済活動を支え、地域活性化を図るためには、道路ネットワークと多様な交通モードが、連携して有機的な結合を図り、利用者が多様な交通を利用・選択しやすい環境に整備することが求められている。

このため、道路ネットワークや、その空間を有効活用しながら、交通モード間の接続を強化するという観点から検討することを目的に、有識者からなる「モーダルコネクト検討会」を設立する。

1回目の検討会を3月17日に開催して、モーダルコネクトの現状と課題、高速バスネットワークの強化に関するヒアリングを実施した。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品