エア・アラビア、シャルジャ=バトゥーミ線の季節運航を実施へ…7月2日~9月30日

航空 企業動向

中東・北アフリカ最大の格安航空会社(LCC)、エア・アラビアは7月2日~9月30日の期間、シャルジャ=バトゥーミ線の季節運航を実施する。

シャルジャはアラブ首長国連邦(UAE)の首長国の一つで、エア・アラビアの拠点。バトゥーミはジョージア南西部の都市で、黒海に面する。季節運航の実施は、夏季にバトゥーミを訪れる観光客の需要に応えるため。同社のジョージア就航都市は首都トビリシに次いで2都市目となる。

運航便数は週2往復(木・土)。G9297便はシャルジャを13時15分に出発し、バトゥーミに16時40分に到着。G9298便はバトゥーミを17時30分に出発し、シャルジャに20時50分に到着する。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品