豊田自動織機、2050年CO2ゼロ社会に向け「第六次環境取り組みプラン」を策定 | レスポンス(Response.jp)

豊田自動織機、2050年CO2ゼロ社会に向け「第六次環境取り組みプラン」を策定

自動車 ビジネス 企業動向

豊田自動織機は3月17日、2016年度から2020年度までの5年間の環境活動計画「第六次環境取り組みプラン」を策定した。

同社は、地球と調和した豊かな暮らしを実現する社会への貢献を目指して、1993年に第一次環境取り組みプランを策定。以降、環境保全に積極的に取り組んできた。今年度が最終年となる第五次環境取り組みプランも、掲げたすべての活動項目において目標を達成する見通しだという。

今回策定した第六次環境取り組みプランでは、「グローバル環境宣言」で掲げた、4つの柱である「低炭素社会の構築」「循環型社会の構築」「環境リスク低減と自然共生社会の構築」「環境マネジメントの推進」をさらに力強く進める。

「低炭素社会の構築」では、環境性能を極限まで高めた製品技術開発や、低CO2生産技術開発・導入とクリーンエネルギーの活用に取り組む。「循環型社会の構築」では、廃棄物の資源化による資源枯渇対応などを推進する。

また、「環境リスク低減と自然共生社会の構築」では、環境負荷物質のミニマム化や生物多様性保全活動を推進。「環境マネジメントの推進」では、グローバル環境マネジメント体制の構築と活動の強化、意識啓発活動の国内外子会社への拡大を図る。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品