三井住友海上火災保険、自転車保険の補償内容や保険料を改定…賠償責任保険金を3億円に

自動車 ビジネス 企業動向

三井住友海上火災保険は、4月1日始期契約から、セブンイレブンのマルチコピー機で販売する「自転車向け保険」とインターネットで販売する「ネットde保険@さいくる」の補償内容・保険料を改定する。

今回、日常生活賠償特約を全プランにセットし、自転車のほか、日常生活における賠償事故を幅広く補償する。賠償責任の保険金額を従来の1億円から3億円に拡大して賠償の高額化に対応する。

「お一人様プラン(本人型)」の場合、年間保険料は3990円から設定可能で、手軽に加入できる保険料水準にした。また、賠償事故を起こした被保険者が責任無能力者の場合、親権者や法定監督義務者、代理監督義務者が被保険者に追加、補償の対象とする。

今回の改定は、自転車事故による賠償判決の傾向を踏まえ、賠償高額化に備えるとともに、自転車利用者へ保険加入を義務付ける自治体の増加が予想される中で、「安心の高額補償を、加入しやすい保険料水準で」提供することを目指した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  2. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  3. ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

    ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

  4. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】シェフラージャパン、電動化によるバルブタイミング制御技術などを紹介

  6. スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

  7. ドラ割「北海道ETC夏トクふりーぱす」販売開始…高速3日間乗り放題で7900円

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】東芝、次世代コックピットソリューションなどを出展

  9. 米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

  10. STとMobileye社、完全自動運転車のセンサ・フュージョン処理用SoCを共同開発

アクセスランキングをもっと見る