自工会池会長、「春闘は総合的な賃上げができた」

自動車 ビジネス 国内マーケット

日本自動車工業会 池史彦会長
  • 日本自動車工業会 池史彦会長
日本自動車工業会の池史彦会長(ホンダ会長)は3月17日の定例会見で、16日に回答が示された今春闘について「ベースアップが(低いなどと)脚光を浴びたが、一時金などを含んだ総合的な賃上げができた」と評価した。

池会長は、ベースアップについて「昨年の水準が各社の実力を越えて高かったし、3連続での実施は、もう少し前向きに報道されていいと思う」と指摘した。

また、「各社は厳しい状況のなかで、最大限の回答を出したとの印象だ。社会的な要請にも応えたのではないか」と、自動車メーカーの労使交渉を評価した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

    VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  2. マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

    マツダの4車種、米国でリコール…ステアリングに不具合

  3. スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

    スバル レガシィ、米国でリコール…ステアリングに不具合

  4. マツダ、グローバル生産台数が17か月ぶりのマイナス…5月実績

  5. ダイハツ、トヨタの完全子会社化を株主総会で承認

  6. スタイリッシュな車載防災セット、カーエマージェンシーボックス発売

  7. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は17か月連続マイナス…5月実績

  8. 三菱自動車の下請け7800社、不正影響拡大が懸念…帝国データバンク

  9. メルセデス Cクラス、米国でリコール…パワーステアリングに不具合

  10. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

アクセスランキングをもっと見る