人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

自工会、16年度の国内新車需要は6.5%増と予測

自動車 ビジネス 国内マーケット

日本自動車工業会は3月17日、2016年度の国内新車需要について前年度見込み比6.5%増の525万8400台とする予測を発表した。

このうち登録車は5.3%増の約330万台、軽自動車は8.5%増の約196万台と見込んでいる。15年度の実積見込みは6.8%減の約494万台としており、16年度は2年ぶりに500万台を回復するとの予測だ。

同日、記者会見した池史彦自工会会長は16年度について「軽自動車税増税の影響はなお残るものの、17年度からの消費税引き上げ前の駆け込み需要の発生を織り込んでいる」と、説明した。そのうえで「(消費税引き上げで低迷した)14年度に戻るレベルであり、依然として厳しい」との見方を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  2. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  3. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  4. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  5. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  6. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  7. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  8. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  9. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  10. マピオンのバーベキュー・キャンプ場特集…用具レンタルや買い出しの情報も

アクセスランキングをもっと見る