人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

自工会、16年度の国内新車需要は6.5%増と予測

自動車 ビジネス 国内マーケット

日本自動車工業会は3月17日、2016年度の国内新車需要について前年度見込み比6.5%増の525万8400台とする予測を発表した。

このうち登録車は5.3%増の約330万台、軽自動車は8.5%増の約196万台と見込んでいる。15年度の実積見込みは6.8%減の約494万台としており、16年度は2年ぶりに500万台を回復するとの予測だ。

同日、記者会見した池史彦自工会会長は16年度について「軽自動車税増税の影響はなお残るものの、17年度からの消費税引き上げ前の駆け込み需要の発生を織り込んでいる」と、説明した。そのうえで「(消費税引き上げで低迷した)14年度に戻るレベルであり、依然として厳しい」との見方を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

    日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  2. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

    米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  3. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

    パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  4. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  5. アウディジャパン、Q3 3車種の価格を10万円引き下げ

  6. 三菱自の燃費不正対象車両、検索システムで一部リスト漏れ

  7. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  8. 震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

  9. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  10. F1からWorldRXまで、見たいときにスマホで観戦…ネット配信「DAZN」スタート

アクセスランキングをもっと見る