欧州新車販売、14%増の109万台…30か月連続で増加 2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲン ポロ
  • フォルクスワーゲン ポロ
  • プジョー208(欧州仕様)
  • 新型ルノー クリオ(日本名:ルーテシア)
  • フィアット 500 改良新型
  • フォード フィエスタ
  • オペル アストラ 新型
  • BMW 3シリーズ 改良新型
  • メルセデスベンツ Cクラス
ACEA(欧州自動車工業会)は3月16日、2月の欧州全域(EU+EFTA全30か国)の新車(乗用車)販売結果を公表した。総販売台数は109万2825台。前年同月比は14%増と、30か月連続で前年実績を上回った。

5大主要国では、ドイツが前年同月比12%増の25万0146台で、9か月連続で増加。英国は8万3395台を売り上げ、前年同月比は8.4%増と4か月連続のプラス。

フランスは、前年同月比13%増の16万6728台と、9か月連続の前年実績超え。スペインは、12.6%増の9万7650台と、30か月連続で前年実績を上回る。イタリアは27.3%増の17万2241台と、18か月連続のプラス。

主要8社の販売実績は、首位のフォルクスワーゲングループ(アウディ、セアト、シュコダなどを含む)が、前年同月比7.7%増の26万2670台と、4か月連続の前年実績超え。主力のVWブランドは4.6%増の12万5058台と、2か月ぶりに増加。アウディブランドは16%増の5万7753台と、9か月連続で増加した。シュコダブランドは14.4%増の4万9797台と、4か月連続で増加。セアトブランドは、4.2%減の2万5383台と、5か月連続の前年割れとなった。

2位はPSAプジョーシトロエン。2月実績は、前年同月比12.7%増の12万1715台と、4か月連続の前年実績超え。その内訳は、プジョーが14.1%増の7万1131台と、9か月連続のプラス。シトロエンは11.3%増の4万5309台と、4か月連続で増加。

3位はルノーグループ(ダチアを含む)。その販売台数は10万6652台で、前年同月比は10.2%増と、4か月連続で増加した。低価格のダチアブランドは、9.1%増の2万9647台と、2か月ぶりのプラス。主力のルノーブランドは、10.6%増の7万7005台と、18か月連続で前年実績を上回った。

4位はFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)グループ(ランチアやアルファロメオを含む)で、1月の5位から上昇。その販売台数は8万0963台で、前年同月比は22.4%増と、18か月連続のプラス。ブランド別では、アルファロメオが8.6%増の5090台と、2か月連続で増加。ランチア(クライスラーを含む)は15.9%増の6890台と、2か月連続のプラス。主力のフィアットブランドは、24.4%増の6万0730台と、14か月連続で増加。ジープブランドは、23.9%増の7871台と、26か月連続で前年実績を超えている

5位はフォードモーターで、1月の4位から後退。2月は7万3440台を販売し、前年同月比は19.2%増と、9か月連続で前年実績を上回る

6位はGMのオペルグループ(シボレーを含む)。2月の販売台数は7万1214台で、前年同月比は17.9%増と、4か月連続で前年実績を上回った。

7位はBMWグループ(MINIを含む)。2月は6万7580台を売り上げ、前年同月比は13.9%増と、17か月連続で前年実績を上回った。BMWブランドは、前年同月比14.9%増の5万5931台と、17か月連続で増加。MINIブランドは9.3%増の1万1649台と、2か月ぶりに前年実績を上回る。

8位はダイムラー(メルセデスベンツとスマート)。その販売台数は6万3019台。前年同月比は20.6%増と、18か月連続で前年実績を上回った。ブランド別では、メルセデスベンツが21.2%増の5万4640台と、18か月連続で増加。スマートは、前年同月比16.9%増の8379台と、15か月連続で前年実績を超えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  2. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  3. カレコ・カーシェアリング、沖縄県に初進出

    カレコ・カーシェアリング、沖縄県に初進出

  4. イエローハット、福井および鹿児島に新店舗オープン…7月29日

  5. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  6. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  7. スバル富士重 吉永社長「不正な事例はない」…燃費データの社内調査

  8. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  9. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  10. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら