【ニューヨークモーターショー16】トヨタの中型SUV、ハイランダー に2017年型…表情一新

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ ハイランダー の2017年型
  • トヨタ ハイランダー の2017年型
  • トヨタ ハイランダー の2017年型
  • トヨタ ハイランダー の2017年型
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は3月14日、『ハイランダー』の2017年モデルの概要を明らかにした。実車は3月23日、米国で開幕するニューヨークモーターショー16で初公開される。

初代ハイランダーは、2000年に発売。日本では『クルーガー』を名乗っていた。2代目ハイランダーは、2007年2月のシカゴモーターショーで発表。日本ではクルーガーの後継車として、『ヴァンガード』がデビューしたため、2代目ハイランダーは北米専用SUVとなった。その後、中国市場などでも発売。

現行ハイランダーは3代目で、2013年4月、ニューヨークモーターショー13で発表。初代、2代目と同じく、『カムリ』のプラットホームをベースにした中型SUV。この現行ハイランダーがデビューから3年を経て、ニューヨークモーターショー16では、初の大幅改良を受けた2017年モデルに進化を果たす。

外観は、フロントを中心に大幅に変更。グリル、ヘッドライト、バンパーなどを新デザインとして、表情を一新する。リアは、テールランプやバンパーが新しい。室内は、上級グレードにブラウンのレザー内装を設定。USBポートを4個増やし、合計5個とした。

エンジンは、新開発の直噴3.5リットルV型6気筒ガソリンを採用。パワーと燃費を向上させた。トランスミッションは、新開発の8速AT「ダイレクトシフト」を組み合わせている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品