【春闘16】富士重の一時金は6年連続満額で、トヨタに次ぐ6.5か月分に

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業(スバル)は3月16日にベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分として1300円が回答された。要求の3000円には及ばなかったが、3年連続でのベア実施となる。

一方で、年間一時金は2016年3月期の営業利益などが4期連続で過去最高となることを反映し、6.5か月分の満額回答になった。一時金の満額回答は11年から6年連続。

水準としても昨年実績の6.0か月分を大幅に上回るこれまでで最高の回答で、自動車メーカーの今春闘の月数ベースではトヨタ自動車(7.1カ月分)に次ぐ水準となった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

    爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  3. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  6. スズキ鈴木会長「不正を深くお詫びする」…燃費データ問題で、販売は継続

  7. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  8. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  9. ミシュランガイド富山・石川、日本料理「山崎」が三つ星獲得

  10. メルセデスベンツ / スマート 、国内販売価格を約2%値上げ…6月1日より

アクセスランキングをもっと見る