人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【春闘16】富士重の一時金は6年連続満額で、トヨタに次ぐ6.5か月分に

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業(スバル)は3月16日にベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分として1300円が回答された。要求の3000円には及ばなかったが、3年連続でのベア実施となる。

一方で、年間一時金は2016年3月期の営業利益などが4期連続で過去最高となることを反映し、6.5か月分の満額回答になった。一時金の満額回答は11年から6年連続。

水準としても昨年実績の6.0か月分を大幅に上回るこれまでで最高の回答で、自動車メーカーの今春闘の月数ベースではトヨタ自動車(7.1カ月分)に次ぐ水準となった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 最強高度9H、自動車用ボディコーティング…Ceramic PRO 9H

    最強高度9H、自動車用ボディコーティング…Ceramic PRO 9H

  2. ユーザーとの接点づくりに100円手洗い洗車…くるまのガラス屋生駒硝子

    ユーザーとの接点づくりに100円手洗い洗車…くるまのガラス屋生駒硝子

  3. ホンダアクセス、愛犬用新アイテム発売…肉球シフトノブカバーなど

    ホンダアクセス、愛犬用新アイテム発売…肉球シフトノブカバーなど

  4. 川崎重工、営業増益…モーターサイクル&エンジンなど 4-6月期決算

  5. 日立建機、中型油圧ショベルZAXIS-6シリーズ3機種を発売…環境性能向上

  6. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  7. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  8. 溶融亜鉛めっきの生産量で日本記録を更新---新日鉄住金

  9. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  10. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

アクセスランキングをもっと見る