【春闘16】富士重の一時金は6年連続満額で、トヨタに次ぐ6.5か月分に

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業(スバル)は3月16日にベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分として1300円が回答された。要求の3000円には及ばなかったが、3年連続でのベア実施となる。

一方で、年間一時金は2016年3月期の営業利益などが4期連続で過去最高となることを反映し、6.5か月分の満額回答になった。一時金の満額回答は11年から6年連続。

水準としても昨年実績の6.0か月分を大幅に上回るこれまでで最高の回答で、自動車メーカーの今春闘の月数ベースではトヨタ自動車(7.1カ月分)に次ぐ水準となった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

    日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  3. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  4. 日本板硝子、長波長紫外線をカットする自動車向けガラス製品化へ…世界初

  5. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  6. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  7. 生産現場にもVR? 自動車のエンジン組み立てる“バーチャル工場”

  8. 中央道小早川橋と弓振川橋をリニューアル 10月から

  9. マセラティ クアトロポルテ と ギブリ、米国でリコール…ATに不具合

  10. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

アクセスランキングをもっと見る