【春闘16】マツダの一時金は「特別協力金」でほぼ満額回答に

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ 本社
  • マツダ 本社
マツダはベースアップ(ベア)が3000円の要求に対し、1200円の回答となった。ベアの実施は自動車メーカー各社同様に3年連続となる。

年間一時金については、昨年の妥結実績である5.5か月相当を0.2か月分上回る5.7か月分の要求に対し、5.6か月プラス「特別協力金一律3万円」の回答が提示された。5.6か月分の金額換算は177万2000円。これに協力金を含んで月数換算すると、ほぼ5.7か月の満額回答になる。

一時金は2014年から3年連続での実質満額となった。同社は16年度から新たな3か年の中期計画である「構造改革ステージ2」に着手する。会社側は「この1年の尽力への感謝と、これから更なる険しい道に高いレベルで挑戦しようとする皆さんのやる気に期待を込め、最大限の内容にした」とコメントした。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  2. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  3. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

    国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  4. メルセデスの世界販売、BMWとアウディを抑える 7月

  5. 車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

  6. BRTが走る環状2号…2019年までは築地市場の裏出口を流用、仮設道路新設も

  7. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  8. トヨタL&F、10~23トン積ディーゼルフォークリフトを発売…最新排出ガス規制適合

  9. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

  10. スバル富士重、世界生産台数が9か月ぶりのマイナス…国内稼働日数減少 7月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら