ナビタイム、日本初のトラック専用カーナビアプリを提供開始

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ナビタイム トラックカーナビ
  • ナビタイム トラックカーナビ
  • 新規車両登録
  • トラック考慮ルート
  • 巡回経路検索
  • Myルートプラン
  • トラックの駐車可能な施設の検索
  • 地図上での交通規制情報アイコン
  • 航空写真地図
ナビタイムジャパンは、Android向けトラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」を3月末より提供開始する。

同アプリは、トラックドライバー向けのカーナビアプリ。リアルタイムの渋滞情報のほか、時間帯規制を含むトラックの通行止めや車高・車幅・重量制限等を考慮したルート検索でナビゲーションできる。検索できるルートは「推奨」「高速優先」「無料優先」「超渋滞回避」の4種類を用意する。

また、複数の配送先を回る際に、最適な配送順を提案する「巡回経路検索」機能も搭載。経由地は10か所まで設定できる。さらに、トラックが駐車できる施設の検索や、休憩施設検索、地図上に交通規制情報アイコンの表示、地図の航空写真表示など、トラックならではの機能も搭載している。

アプリのダウンロードは無料で、全機能を無料で使うことができる。なお、3月末の提供開始時点では、トラックの規制情報考慮範囲は関東地方の1都6県のみ。今後、規制情報の対応エリアを日本全国に拡大し、それ以降は有料での提供となる予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【IIHS衝突安全】キアのSUV、ソレント 新型…最高評価

    【IIHS衝突安全】キアのSUV、ソレント 新型…最高評価

  2. 万が一の交通事故。その時『ドライブレコーダー』は、本当に役立つのか。保険会社に訊く!

    万が一の交通事故。その時『ドライブレコーダー』は、本当に役立つのか。保険会社に訊く!

  3. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  4. 実践! 低音増強プログラム…パート2「パワードサブウーファー編」

  5. テスラ、米メディアに反論…「自動運転機能の無効化は理解できない」

  6. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  7. ホンダとソフトバンク、「感情」を持つモビリティの共同研究を開始

  8. より便利で使いやすく進化した Panasonic Strada「CN-F1D」の魅力

  9. 【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

  10. スズキ イグニス で国内メーカー初標準化したApple CarPlay 車載器、その使い勝手はいかに

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら