【春闘16】トヨタのベアは1500円…一時金は満額で過去最高水準

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車はベースアップ(ベア)に当たる賃金改善分が3000円の要求に対し、1500円の回答となった。ベアの実施は3年連続となる。ベアのほかに賃金制度維持分として昨年と同額の7300円が要求どおり確保され、ベアとの合計では8800円となった。

トヨタの16年3月期業績は、営業利益、純利益ともに過去最高を更新する見込みだが、グループ内や産業内の賃金格差を是正する狙いなどから、ベアは抑制された。年初来の円高といった足元の経済環境も労組側には逆風となった。ただし、期間従業員については日給で150円(20日勤務だと月3000円)の引上げと、前年の300円に続いて厚めの改定とする。

一方、業績の成果配分でもある年間一時金は、昨年実績を0.3か月分上回る7.1か月の要求に対し、満額回答が示された。金額では昨年(246万円)を11万円上回る257万円で、過去最高だったリーマン・ショック前の07年(258万円)にほぼ並ぶ水準になる。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  2. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

    三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  4. トヨタ、マレーシアで生産体制再編…乗用車専用工場を新設

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  7. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  8. 三菱自、燃費不正問題で特別損失1億円を計上

  9. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  10. ホンダ、熊本製作所の従業員450人を一時配転

アクセスランキングをもっと見る