ロシア新車販売13%減の11万台、トヨタは14か月ぶり増…2月

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタ RAV4
  • トヨタ RAV4
  • キア・リオ
  • ヒュンダイ・ソラリス
  • ルノー/ダチア・ロガン
  • 日産 キャシュカイ
  • フォルクスワーゲン ポロセダン 改良新型
欧州ビジネス評議会(AEB)は3月10日、2月のロシアにおける新車販売の結果を公表した。商用車を含めた総販売台数は、11万1145台。前年同月比は13.4%減と、14か月連続で前年実績を下回った。

ブランド別トップは引き続き、ロシア自動車大手、アフトワズの乗用車ブランド「ラーダ」。2月は1万9035台にとどまり、前年同月比は19%減と、16か月連続で前年実績を下回った。販売の主力は『Granta』で、前年同月比40%減の6335台と、7か月連続で減少する。

2位は韓国のヒュンダイ傘下のキアで、1月と同位置。2月は1万1492台を売り上げたものの、前年同月比は9%減と、5か月連続で減少した。コンパクトカーの新型『リオ』が、前年同月比15.8%増の7017台と、4か月ぶりに増加。

3位は韓国のヒュンダイで、1月と変わらず。その販売台数は1万0510台で、前年同月比は21%減と、13か月連続で前年実績を下回った。小型セダンの『ソラリス』(海外名:『アクセント』)が、8130台。前年同月比は1.6%増と、3か月ぶりに増加した。

4位はルノーで、1月の5位から上昇。2月実績は、前年同月比3%減の8823台と、14か月連続で減少。『ダスター』が、前年同月比42.2%増の4197台と、21か月ぶりに増加。『ロガン』は35%減の2225台と、13か月連続のマイナス。

5位はトヨタで、1月の4位から後退。2月は7953台を販売。前年同月比は11%増と、14か月ぶりに前年実績を上回った。『RAV4』が3057台を販売。前年同月の2.2倍と、2か月連続で増加した。

6位は日産で、1月と同位置。2月は7319台にとどまり、前年同月比は23%減と、14か月連続の前年実績割れ。『キャシュカイ』が1642台。前年同月比は13.6%増と回復した。

7位は、フォルクスワーゲンで、1月と変わらず。2月は5399台にとどまり、前年同月比は7%減と、14か月連続で前年実績を下回った。主力の『ポロ』が3226台を売り上げ、前年同月比は24%像と、3か月ぶりに前年実績を上回った。

2015年のロシア新車販売は、160万1216台。前年比は35.7%減と、3年連続で前年実績を割り込んでいる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

    ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

  2. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  3. 茨城日産、ルノーつくばを新規オープン…県内2店舗目 9月3日

    茨城日産、ルノーつくばを新規オープン…県内2店舗目 9月3日

  4. アストンマーティン アジア太平洋地区代表「日本を主要市場と位置付けている」

  5. 大豊工業グループ、エンジンベアリングの生産能力を増強へ

  6. 二次電池世界市場、2020年には25.7%増…8兆1456億円に拡大

  7. カレコカーシェアリング、レクサス 3車種を都内3ステーションに導入

  8. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  9. 30年間使用された免震ゴム、性能を維持---ブリヂストンが確認

  10. JXホールディングスと東燃ゼネラルが経営統合へ「JXTGホールディングス」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら