国土交通省、沿道立地や路上工事での渋滞対策を検討へ

自動車 社会 行政

国土交通省は、沿道立地や路上工事に対する渋滞対策に乗り出す。

日本は、道路移動時間の約4割が渋滞で損失しており、人口減少時代を迎えている。生産性を向上していくためには、効率的な渋滞対策を推進していくことが必要となる。

渋滞発生の大きな要因となっている沿道立地や路上工事に対して、効果的な道路交通アセスメントや、それに基づく対策について、有識者で構成する「道路交通アセスメント検討会」を検討する。

3月17日に1回目の検討会を開催して沿道立地に伴う渋滞の現状と課題、国内外の制度について議論する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

    南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  2. 踏切で立ち往生していた軽トラック、貨物列車と衝突

    踏切で立ち往生していた軽トラック、貨物列車と衝突

  3. 郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

    郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

  4. 俵山トンネルの補修工事に着手…熊本地震で通行不能

  5. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  6. 全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

  7. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

  8. 多重衝突を起こしたトラック運転手に過重勤務を命じた会社を捜索

  9. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  10. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

アクセスランキングをもっと見る