国土交通省、沿道立地や路上工事での渋滞対策を検討へ

自動車 社会 行政

渋滞イメージ
  • 渋滞イメージ
  • 国土交通省
国土交通省は、沿道立地や路上工事に対する渋滞対策に乗り出す。

日本は、道路移動時間の約4割が渋滞で損失しており、人口減少時代を迎えている。生産性を向上していくためには、効率的な渋滞対策を推進していくことが必要となる。

渋滞発生の大きな要因となっている沿道立地や路上工事に対して、効果的な道路交通アセスメントや、それに基づく対策について、有識者で構成する「道路交通アセスメント検討会」を検討する。

3月17日に1回目の検討会を開催して沿道立地に伴う渋滞の現状と課題、国内外の制度について議論する。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 携帯電話ショップにバイクで突っ込む---解約条件を巡って口論の末

    携帯電話ショップにバイクで突っ込む---解約条件を巡って口論の末

  2. 未熟運転で死亡事故を起こした少年、家裁が2回目となる逆送決定

    未熟運転で死亡事故を起こした少年、家裁が2回目となる逆送決定

  3. 発進したクルマの前に立っていた1歳男児がはねられ死亡

    発進したクルマの前に立っていた1歳男児がはねられ死亡

  4. 災害時の通行規制を緩和…長大トンネルなど緊急輸送

  5. 運転中に意識を失う---特発性過眠症での事故、無罪判決を破棄して有罪に

  6. 赤信号看過で横断の自転車、路線バスと衝突

  7. トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

  8. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  9. 台風10号に関する情報を配信…ウェザーニューズ

  10. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら