国土交通省、沿道立地や路上工事での渋滞対策を検討へ

自動車 社会 行政

渋滞イメージ
  • 渋滞イメージ
  • 国土交通省
国土交通省は、沿道立地や路上工事に対する渋滞対策に乗り出す。

日本は、道路移動時間の約4割が渋滞で損失しており、人口減少時代を迎えている。生産性を向上していくためには、効率的な渋滞対策を推進していくことが必要となる。

渋滞発生の大きな要因となっている沿道立地や路上工事に対して、効果的な道路交通アセスメントや、それに基づく対策について、有識者で構成する「道路交通アセスメント検討会」を検討する。

3月17日に1回目の検討会を開催して沿道立地に伴う渋滞の現状と課題、国内外の制度について議論する。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品