【LEDネクストステージ16】世界初のLEDを披露、すでに30社が導入を検討…豊田合成 | レスポンス(Response.jp)

【LEDネクストステージ16】世界初のLEDを披露、すでに30社が導入を検討…豊田合成

自動車 ビジネス 企業動向

豊田合成は「LEDネクストステージ2016」にこの3月に開発したばかりのガラス封止紫外線LED(UV-LED)を披露した。これは世界初の製品で、発表するや否やさまざまなところで反響を呼び、すでに国内外企業30社から導入を検討したいという話が来ているそうだ。

豊田合成と言えば、エアバッグなど車の内装品を手がける会社として有名だが、LEDについても定評があり、歴史も古い。同社がLEDを手がけたのは1980年代半ば、一人の技術者が手をあげたのがきっかけだった。

しかし、5年経ってもLEDが光ることはなく、社内からは「もうやめたらどうか」という声も出たほどだった。それが今では約500億円になるビジネスに成長した。そんな同社が技術とノウハウを結集して開発したのが、今回展示した商品だったわけだ。

LEDチップを空気中のガスや水分による影響を受けないようにガラスで完全密閉。温度100度の高温度や、湿度85%の高湿度といったさまざまな環境下でも高い信頼性を誇るという。また、LEDチップを基盤に直接接続する「フリップチップ」技術を採用し、小型化を実現。単位面積当たりの光出力を従来品の2倍以上となる世界最高レベルを達成している。

「耐久性も非常に高く、従来品は1~2万時間でしたが、この製品は4万時間持ちます。非常に有望な製品だと考えているので、これからどのように拡大しているのか楽しみにしています」と同社関係者は熱く語っていた。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品