【ジャパンショップ16】床暖房できる畳を開発、車用シートへの用途拡大も狙う…クレオ工業

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

クレオ工業が開発した床暖房できる畳「ほっと畳」
  • クレオ工業が開発した床暖房できる畳「ほっと畳」
  • 「ほっと畳」の中に入っているシート
店舗総合見本市「ジャパンショップ2016」には、アイデア商品も数多く展示されている。床暖房できる畳「ほっと畳」はその一つといっていいだろう。開発したのは静岡県清水町に本社があるクレオ工業で、コタツのヒーターをつくっている従業員25人の中小企業だ。

「この商品の最大の特徴は、工事をしないで床暖房ができるということです。床などに畳を敷くだけですからね。しかも、この畳は職人がつくった本格的なものです」と同社関係者は説明する。

畳のなかに黒いシート状のものが敷きつめられていて、そこに電気が通ることによって、畳全体が暖かくなるそうだ。しかも、30分ほどで畳は約40度とポカポカの状態になる。実際に座ってみたが、確かに暖かくて心地いい。電気代も1畳当たり、1時間で約6円。

「今年の秋から本格的に販売を開始する予定です。現在、工務店や住宅メーカーに見てもらっているところです」と同社関係者。価格は1畳13万円、2畳18万円だ。

そして、この商品は畳以外にもいろいろなものに応用できる。実際に、ブースには暖房できる壁やカーテンが展示してあった。車用シートにも使用が可能で、「これからさまざまなものに挑戦していく」とのことだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

    ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

  2. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

    【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  3. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

    女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  4. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

  5. 【鈴鹿8耐】Amazon、初のイベントブース出展…特集ページもオープン

  6. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『SUBARU BRZ GT GALS BREEZE』

  7. 乗り物をアートする…オートモビルアート連盟の作品展がスタート 7月4日まで

  8. 超絶テク披露の試乗女子「実はドリフト走行、初めてです」

  9. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、逸勝トラブルの真因究明中…今季WEC王座戦線のカギは信頼性か

  10. NASCARやUSキャンパーの雰囲気で、塊肉を喰らう! 東京にアメリカ都市型BBQ

アクセスランキングをもっと見る