【ジャパンショップ16】床暖房できる畳を開発、車用シートへの用途拡大も狙う…クレオ工業

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

クレオ工業が開発した床暖房できる畳「ほっと畳」
  • クレオ工業が開発した床暖房できる畳「ほっと畳」
  • 「ほっと畳」の中に入っているシート
店舗総合見本市「ジャパンショップ2016」には、アイデア商品も数多く展示されている。床暖房できる畳「ほっと畳」はその一つといっていいだろう。開発したのは静岡県清水町に本社があるクレオ工業で、コタツのヒーターをつくっている従業員25人の中小企業だ。

「この商品の最大の特徴は、工事をしないで床暖房ができるということです。床などに畳を敷くだけですからね。しかも、この畳は職人がつくった本格的なものです」と同社関係者は説明する。

畳のなかに黒いシート状のものが敷きつめられていて、そこに電気が通ることによって、畳全体が暖かくなるそうだ。しかも、30分ほどで畳は約40度とポカポカの状態になる。実際に座ってみたが、確かに暖かくて心地いい。電気代も1畳当たり、1時間で約6円。

「今年の秋から本格的に販売を開始する予定です。現在、工務店や住宅メーカーに見てもらっているところです」と同社関係者。価格は1畳13万円、2畳18万円だ。

そして、この商品は畳以外にもいろいろなものに応用できる。実際に、ブースには暖房できる壁やカーテンが展示してあった。車用シートにも使用が可能で、「これからさまざまなものに挑戦していく」とのことだ。
《山田清志》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品