ダイムラー、FUSO新型トラック初のKD生産を開始…ケニア | レスポンス(Response.jp)

ダイムラー、FUSO新型トラック初のKD生産を開始…ケニア

自動車 ビジネス 企業動向

ダイムラー・トラック・アジアは3月11日、FUSOの新型ラインアップ初のノックダウン(KD)生産をケニアで開始した。

今回、アフリカのケニアでノックダウン生産を開始したのは、2013年に発売したFUSOの新型ラインアップのひとつ、大型トラックの『FJ 2523C』。ケニアでは、日本からのノックダウン生産車両の組立を、30年以上行ってきた。

現在ダイムラー・トラック・アジアは、日本から出荷した小型トラック『キャンター』および中型トラック『ファイター』などのノックダウン生産を実施。今回、インドから出荷した大型トラックのFJ 2523Cのノックダウン生産を、初めて開始している。

また同時に、東アフリカ地域で、最も売れている中型トラック『FH』の累計生産1万2000台を達成。今後、さらなるモデルの追加を計画する。

ダイムラー・トラック・アジアの総責任者で、三菱ふそうマーク・リストセーヤ社長兼CEOは、「ケニアでのKD生産の開始は、我々の成長戦略における重要市場のアフリカ市場に対するコミットメント。ナイロビに開設した地域センターとともに、東・中央・西アフリカの顧客により近い地域で、ダイムラーの事業が拡大している」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品