ダイムラー、FUSO新型トラック初のKD生産を開始…ケニア

自動車 ビジネス 企業動向

ダイムラー・トラック・アジアがFUSOの新型ラインアップ初のノックダウン(KD)生産をケニアで開始
  • ダイムラー・トラック・アジアがFUSOの新型ラインアップ初のノックダウン(KD)生産をケニアで開始
ダイムラー・トラック・アジアは3月11日、FUSOの新型ラインアップ初のノックダウン(KD)生産をケニアで開始した。

今回、アフリカのケニアでノックダウン生産を開始したのは、2013年に発売したFUSOの新型ラインアップのひとつ、大型トラックの『FJ 2523C』。ケニアでは、日本からのノックダウン生産車両の組立を、30年以上行ってきた。

現在ダイムラー・トラック・アジアは、日本から出荷した小型トラック『キャンター』および中型トラック『ファイター』などのノックダウン生産を実施。今回、インドから出荷した大型トラックのFJ 2523Cのノックダウン生産を、初めて開始している。

また同時に、東アフリカ地域で、最も売れている中型トラック『FH』の累計生産1万2000台を達成。今後、さらなるモデルの追加を計画する。

ダイムラー・トラック・アジアの総責任者で、三菱ふそうマーク・リストセーヤ社長兼CEOは、「ケニアでのKD生産の開始は、我々の成長戦略における重要市場のアフリカ市場に対するコミットメント。ナイロビに開設した地域センターとともに、東・中央・西アフリカの顧客により近い地域で、ダイムラーの事業が拡大している」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

    日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  3. GM、コルベット の工場に投資…より柔軟な生産体制へ

    GM、コルベット の工場に投資…より柔軟な生産体制へ

  4. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  5. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  6. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  7. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  8. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  9. 日本板硝子、長波長紫外線をカットする自動車向けガラス製品化へ…世界初

  10. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

アクセスランキングをもっと見る