【鈴鹿ファン感謝デー16】松田次生が念願のフェラーリ「F187」をドライブ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

松田次生がフェラーリ『F187』をドライブ
  • 松田次生がフェラーリ『F187』をドライブ
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
  • 2016鈴鹿ファン感謝デー
鈴鹿サーキットで開催されている「モータースポーツ ファン感謝デー」に、SUPER GTで2年連続チャンピオンを獲得した松田次生が登場。フェラーリ『F187』をドライブした。

今回1987年の鈴鹿サーキットでのF1日本GP最初のレースで勝利したゲルハルト・ベルガーのフェラーリ『F187』が登場。実は昨年のF1日本GPでもデモランを行う予定だったが、急きょのドライバー変更により乗ることができなかった。しかし今回はGT500チャンピオントークショーと合わせて再度ドライブする機会に恵まれたのだ。

チャンピオントークショーでは3度GT500チャンピオンの経験をもつ本山哲と2年連続GT500王者の松田次生、そして今年はGT500ドライバーを引退しチーム監督を務める脇阪寿一が登場。すでに始まっているメーカーテストでのマシンの出来具合や今シーズンの展望、抱負などを語った。

その間に、後ろのホームストレートでは『F187』の準備が進められ、暖気も行われ始めると、松田は「ドキドキしてきました」と緊張した様子。しかしいざヘルメットをかぶると、GT500チャンピオンの表情に変わり、マシンへ。エンジンが始動されゆっくりと進み出した。約30年前のマシンではあるものの、エンジンの状態もよくメインストレートではアクセル全開で疾走。コーナー区間もレーシングスピードで駆け抜けた。

走り終えた松田は「今はパドルシフトで簡単にギアチェンジができていますが、当時のマシンはシフトチェンジが難しい。よくレバーを操作して手にマメができたと聞きましたが、それがよく分かります」と、改めて30年前のマシンの違いや、すごさを痛感していた。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【SUPER GT 第6戦】GT500決勝…レクサス逆襲の1-2、立川祐路&石浦宏明が鈴鹿1000kmを制覇

    【SUPER GT 第6戦】GT500決勝…レクサス逆襲の1-2、立川祐路&石浦宏明が鈴鹿1000kmを制覇

  2. 【SUPER GT 第6戦】GT300決勝…スバルBRZの井口卓人&山内英輝が今季初優勝を飾る

    【SUPER GT 第6戦】GT300決勝…スバルBRZの井口卓人&山内英輝が今季初優勝を飾る

  3. 【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

    【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

  4. 真夏のカート耐久、7時間で634km走った!…ツインリンクもてぎでフェス

  5. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『Vivacious girls』

  6. 【新聞ウォッチ】三菱航空機の「MRJ」空調トラブルで2日連続の引き返し

  7. 【SUPER GT 第6戦】BRZ ちょい乗り体験会…乗ってみて知るその良さ

  8. 【SUPER GT】レクサス LC500…来季は規則で速度抑制も、開発の永井氏「速くするのが仕事」

  9. 【F1 ベルギーGP】ロズベルグが今季6回目のポールポジション、フェルスタッペンが2番手

  10. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『apr HYBRID VICTORIA』

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら