旭硝子、ブラジル第2フロート工場を新設…ガラス生産能力を2.4倍に増強

自動車 ビジネス 海外マーケット

AGC旭硝子は、AGCガラス・ブラジル社に約180億円を投じてブラジル南東部に第2フロート工場を建設し、ガラスの生産能力を現在の2.4倍に増強すると発表した。新工場は2018年末迄に完成する予定。

AGC旭硝子は、新興国市場での事業拡大を成長戦略の一つに掲げ、2011年にAGCガラス・ブラジル社を設立。2013年以降順次、建築用・自動車用ガラス素板、ミラー、自動車用合わせガラスや強化ガラスを出荷し、事業を着実に拡大させてきた。

ブラジルは約2億人の人口を抱え、若年層比率が高いことや、豊富な天然資源等を背景として、中長期的な観点では経済成長が続くものと予想されている。建築用・自動車用ガラスも需要成長が見込まれるため、旭硝子では、現状年間22万トンの生産能力に新たに年間31万トンを加え、年間53万トンに増強する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

    【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

  2. クルマとビールが楽しめる“ザテラス”…メルセデスとヱビスがコラボ

    クルマとビールが楽しめる“ザテラス”…メルセデスとヱビスがコラボ

  3. 6月の新車総販売台数は4.9%減と2か月連続でマイナス

    6月の新車総販売台数は4.9%減と2か月連続でマイナス

  4. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  5. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  6. 「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

  7. 一部ホンダ車、タカタ製エアバッグ異常破裂の危険を警告…米当局

  8. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

  9. 三菱自、「改革室」を設置…燃費不正再発防止、山下副社長直属

  10. 軽自動車販売、東日本大震災以来5年ぶりの100万台割れ…2016年上半期

アクセスランキングをもっと見る