旭硝子、ブラジル第2フロート工場を新設…ガラス生産能力を2.4倍に増強 | レスポンス(Response.jp)

旭硝子、ブラジル第2フロート工場を新設…ガラス生産能力を2.4倍に増強

自動車 ビジネス 海外マーケット

AGC旭硝子は、AGCガラス・ブラジル社に約180億円を投じてブラジル南東部に第2フロート工場を建設し、ガラスの生産能力を現在の2.4倍に増強すると発表した。新工場は2018年末迄に完成する予定。

AGC旭硝子は、新興国市場での事業拡大を成長戦略の一つに掲げ、2011年にAGCガラス・ブラジル社を設立。2013年以降順次、建築用・自動車用ガラス素板、ミラー、自動車用合わせガラスや強化ガラスを出荷し、事業を着実に拡大させてきた。

ブラジルは約2億人の人口を抱え、若年層比率が高いことや、豊富な天然資源等を背景として、中長期的な観点では経済成長が続くものと予想されている。建築用・自動車用ガラスも需要成長が見込まれるため、旭硝子では、現状年間22万トンの生産能力に新たに年間31万トンを加え、年間53万トンに増強する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品