三菱重工、シンガポールで次世代ETCを整備…渋滞緩和に貢献

自動車 ビジネス 企業動向

三菱重工メカトロシステムズは、シンガポールのシステム統合サービス会社NCSと共同で、同国陸上交通庁(LTA)から都市部の渋滞を緩和する次世代型電子式道路課金システム(ETC)を受注した。受注総額は5億5600万シンガポールドル(約450億円)。

今回受注した次世代ETCは、衛星測位技術と広域通信網を使って渋滞緩和などの交通需要管理を行う次世代の道路課金システム。このタイプのシステムが広く都市部に導入されるのは今回が初めて。

同社グループは、1998年に世界初となるETCをシンガポールに納入しており、現在も97カ所で運営されている。2011年から2013年にかけて実施された次世代ETC実証実験にも参画するなど、20年以上にわたって同国の道路交通インフラの構築に関わってきた。

今回の受注は、技術力とこれまでの実績が評価されたものとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

    日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  3. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

    キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  4. ダイハツ、旭山動物園に寄贈した ハイゼット がボルネオ島へ…野生動物保護活動に活用

  5. ゼロスポーツ、シングルメーターフードの追加ラインアップを発売

  6. BMW X5 と X6 先代、米国でリコール…ドライブシャフトに不具合

  7. 日産、国内の女性管理職比率が9.1%に上昇…4人に1人は部長級以上

  8. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  9. ブリッド、ジュビロ磐田ホームスタジアムに選手用シートを納入

  10. ホンダ、サステナビリティレポート 2016を発行…日本企業で初めてGRIが検証・証明

アクセスランキングをもっと見る