人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

三菱重工、シンガポールで次世代ETCを整備…渋滞緩和に貢献

自動車 ビジネス 企業動向

三菱重工メカトロシステムズは、シンガポールのシステム統合サービス会社NCSと共同で、同国陸上交通庁(LTA)から都市部の渋滞を緩和する次世代型電子式道路課金システム(ETC)を受注した。受注総額は5億5600万シンガポールドル(約450億円)。

今回受注した次世代ETCは、衛星測位技術と広域通信網を使って渋滞緩和などの交通需要管理を行う次世代の道路課金システム。このタイプのシステムが広く都市部に導入されるのは今回が初めて。

同社グループは、1998年に世界初となるETCをシンガポールに納入しており、現在も97カ所で運営されている。2011年から2013年にかけて実施された次世代ETC実証実験にも参画するなど、20年以上にわたって同国の道路交通インフラの構築に関わってきた。

今回の受注は、技術力とこれまでの実績が評価されたものとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  2. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

    スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  3. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

    国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  4. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  5. クサくないタクシー「ファブタク」発進!…日本交通とファブリーズがコラボ

  6. ホンダの総生産台数、14か月ぶりのマイナス…4.3%減の37万2472台 7月実績

  7. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  8. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  9. ダイハツ、国内販売10.7%増の4万7897台 7月実績

  10. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

アクセスランキングをもっと見る